松本まりかさん主演/作家・本谷有希子さんの書き下ろしストーリー「磨く彼女」

松本まりかさん主演/作家・本谷有希子さんの書き下ろしストーリー「磨く彼女」

  • MAQUIA ONLINE
  • 更新日:2021/07/22

本谷有希子さんがMAQUIAだけに書き下ろしてくださった3つの物語を、今をときめく3人が演じます。今回の主演は、その演技力に注目が集まる、女優の松本まりかさん!

No image

作家·本谷有希子さんが紡ぐ3つのストーリー 「探す」「見つける」「磨く」 今、私のキレイが動き出す。

No image

Yukiko Motoya

本谷有希子

「劇団、本谷有希子」を2000年に旗揚げし、作・演出を手掛ける。小説家としても活動し、2016年『異類婚姻譚』(講談社)で第154回芥川龍之介賞を受賞。現在はTV『セブンルール』(関西テレビ放送)でのMCも務める。

「磨く彼女」主演:松本まりか

No image

バイト先に例の若い子が来て以来、ノリの存在はどんどん「年上の先輩」キャラに押しやられていた。
そういうものだ、と言い聞かせるけどいい気はしない。このカフェのバイト面接に受かった時、店長に言われた一言をノリは今でもはっきり覚えている。「いやぁ。君みたいな若い子が来てくれると、店が華やかになるよ」
確かにあれから年月は経っていたが、だからって、こんな風に意味もなく「年上キャラ」としてみんなから扱われるのは納得できない。ノリだって自分なりに女を磨いて頑張ってきた、という自負があるのだ。ノリはシンクでダスターを絞りながら、新人を横目で観察した。肌はきれいだけど、格別魅力があるとは思えない。初々しい、というだけでチヤホヤしてもらえてる、季節のデザートプレートみたいな子だ。
ノリは最近増えてきた肌の悩みをベースメイクで入念にカバーして、バイト先へ向かった。完璧にしたつもりが更衣室の鏡を覗いてみると、ファンデーションを全体に重ねすぎたせいで、いつもより老けた印象の自分が映っていた。艶のないマットな肌は、ただただ疲れて見える。どうすることもできないまま更衣室を出ると、突然店長に呼び止められて、こう言われた。「ごめん、ノリちゃん。皿洗いの人手が足りなくて。しばらく裏に回ってくれない?」

No image

なぜ自分なのかと聞く前に、ノリは防水エプロンを手渡され、洗浄機の使い方の説明を受けていた。みじめな気持ちで洗剤を量っているところへ休憩に入ったはずの彼女がやって来て、「替わります」とノリに言った。「いいよ。私が頼まれたんだから」「でも、」「いいって。大丈夫」
初めてまともに話してみると、新人は白けるほどイイ子だった。可愛くて周りに気が遣える、今ドキの子。「みんな、私が中身のない薄っぺらの人間だってわかると、あっという間に去って行くんです」なぜか悩みを打ち明け出した彼女に、「しょうがないよ」とノリは汚れた皿を皿立てに運びながら先輩ぶって答えた。「そういう奴らなんて気にするだけ無駄」「どうやって、そんな風に思えるようになったんですか?」「私は私。あいつらはあいつら、って心の中で叫び続けるの」
口からでまかせだったが、彼女がいなくなったあと、ノリは少しだけ本当にそんな風に思えた。私は私。あの子はあの子。
おいしい料理を出すには、きれいな皿が必要だということをノリは思い出した。これまでのやり方が違うなら、自分にあったやり方を試せばいいのだ。頑張ってきたことは決して無駄じゃない。
私は、私だけの皿を完璧に磨き上げよう。洗浄機の運転スイッチを押す指にぐっと力がこもった。

「磨く」ためのコスメ

No image

大人の肌を厚塗り感なく輝かせる、くすまずヨレにくいクッションファンデーションを。隠したい部分はカバーし、美しく魅せるベースアイテムがカギに。ウルトラ ル タン クッション 全6色 各¥8250/シャネル

No image

Other Items
磨かれたベースメイクにコーディネートするのは、まろやかに目元を彩るグリーンのアイシャドウとマスカラ。ベージュのアイシャドウを仕込むことでスキントーンにより馴染み、さらにブラッシュアップ。1 ディファイニング マスカラ 05 ¥3080/スナイデル ビューティ 2 ザ アイシャドウ アンポリッシュ ジェム 101 ¥2750/アディクション ビューティ(限定品) 3 ポップ パウダージェル アイシャドウ 04 ¥3080/SHISEIDO

No image

Other Items
きらめくアイカラー&リップを使い“私は私”、そんな思いを後押し。美しく整ったベースメイクとのコントラストで輝きが増す。4 アクアジェム グロウ 02 ¥3080/スナイデル ビューティ 5 ザ ナウナウネオングロス 03 ¥2750/RMK Division(限定品)

松本まりか
Marika Matsumoto
女優。2000年ドラマ『六番目の小夜子』でデビュー。2018年『ホリデイラブ』での演技で注目される。近年は『竜の道 二つの顔の復讐者』(関西テレビ系)、『妖怪シェアハウス』(テレビ朝日系)、『先生を消す方程式。』(テレビ朝日系)、『教場Ⅱ』(フジテレビ系)など話題作に出演。

MAQUIA8月号
撮影/三瓶康友(モデル) 新谷真衣(物) ヘア&メイク/林 由香里〈ROI〉 スタイリスト/鈴木美智恵 モデル/松本まりか 文/浦安真利子(コスメ部分) 構成・企画/吉田百合(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加