広島先発の床田は六回途中、6安打2失点で降板

広島先発の床田は六回途中、6安打2失点で降板

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/10
No image

4回、床田は村上(左)に左中間へ先制適時二塁打を許す(撮影・佐藤厚)

「ヤクルト-広島」(7日、神宮球場)

先発した床田寛樹投手(26)は110球を投げ、六回途中6安打2失点で降板した。

五回まで1失点と力投を続けていたが、1点リードで迎えた六回。1死一塁から村上に右前打を浴び、一、三塁にチャンスを広げられると荒木のセーフティースクイズで同点。2アウトを取ったところでマウンドを降りた。

その後、2番手のケムナが西浦を四球で歩かせるも、代打・太田を二ゴロに打ち取り、後続を断った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加