静岡商・大井、慶大にKOされるも一矢報いる適時打

静岡商・大井、慶大にKOされるも一矢報いる適時打

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/21
No image

4点を追う4回に左前への2点適時打を放った静岡商高の大井朝日外野手(2年)

<大学野球オータムフレッシュリーグ>◇21日◇草薙球場ほか

静岡商高は慶大に実力差を見せつけられたが、7番大井朝日外野手(2年)が一矢を報いた。

4点を追う4回表2死満塁で、左前へ2点適時打。チーム唯一の得点を生んだ。「待っていた変化球を気持ちで打つことができました」。大学生のスイングを見て「勉強になった」と振り返り、自身の打撃については「厳しい球を1度で仕留められるように、冬の練習に取り組んでいきたい」と意欲を示した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加