ガーシー当選ならドバイから帰国  〝遠隔〟街頭演説で爆弾ネタ投下「暴露やめない」

ガーシー当選ならドバイから帰国 〝遠隔〟街頭演説で爆弾ネタ投下「暴露やめない」

  • 東スポWeb
  • 更新日:2022/06/23
No image

ガーシー号を披露するNHK党の立花孝志党首(東スポWeb)

ネット上で芸能界の裏側を暴露しているガーシーこと東谷義和氏(50)が、参院選でどんな動きを見せるのか注目されている。

アラブ首長国連邦(UAE)のドバイに滞在している東谷氏はNHK党から比例代表で立候補した。東谷氏のほかに通称名「ガーシー」も届け出が受理され、有効票となる。

インスタライブが第一声となった東谷氏は「始まった実感はないが、やらないといけない。難しいことを言っても若い人は政治に興味を持たへん。興味を持つ話題をつくらないと、悪い大人のやりたい放題になる。小難しい話はしないから、俺の話に耳を傾けてほしい」と選挙中もネットを通じて発信を続け、政治に関心がない層を選挙に引き込みたい考えだ。

NHK党の政見放送では、東谷氏が過去に俳優・綾野剛を取り上げた動画の一部が使用されている。立花孝志党首は自身の公式ユーチューブチャンネルで、テレビでの放送前に一部を公開。物議を醸す内容で、今月下旬から全国の地上波で放送された際には、さらなる反響を呼ぶことが予想される。

またこの日は、東谷氏の顔と「ガーシー」の名前がプリントされた選挙カーがお披露目され、東京・霞が関の警視庁本部前で行われた街頭演説会でデビューした。ガーシーの選挙カーは渋谷駅前を中心に活動し、26日には東谷氏とライブでつなぎ、肉声での街頭演説も行う予定だ。

立花氏は「ガーシーには新しい暴露をしてもらいたい」と要望。東谷氏も「暴露はやめないですよ。あかんことはあかんと言っていかないといけない」と、選挙期間中に新たな爆弾ネタの投下を予告している。

当選しても帰国しないと明言していた東谷氏だが、この日は「爪痕どころか〝噛み痕〟を残す。できる限りのことをする。受かって、日本に戻って、各都道府県で打ち上げパーティーをしたい」と帰国する可能性も示唆した。参院選の〝台風の目〟になりそうだ。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加