オリックス・モヤが抹消、自打球を当てて右足甲の打撲

オリックス・モヤが抹消、自打球を当てて右足甲の打撲

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/08
No image

オリックス・スティーブン・モヤ

オリックスのスティーブン・モヤ外野手(29)が8日、千葉県内の病院でレントゲン、CT検査を受け「右足背部の打撲」と診断され、出場選手登録を抹消された。

モヤは7日・ロッテ戦の九回の打席で右足甲付近に自打球を当てていた。試合終了まで出場したものの、試合後はアイシングなどの処置を施していた。

今季はここまで10試合に出場。打率・289、0本塁打、3打点の成績だった。今後は患部の状態を確認しながらリハビリを開始していく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加