報徳学園FB植田が決勝PG「一番緊張し一番ホッ」

報徳学園FB植田が決勝PG「一番緊張し一番ホッ」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/21
No image

京都工学院に逆転勝ちし、喜びを爆発させる報徳学園の選手たち(撮影・松本航)

<全国高校ラグビー近畿ブロック代表決定戦:報徳学園24-21京都工学院>◇21日◇準決勝◇奈良・天理親里競技場

報徳学園は土壇場の集中力が生きた。前半を7-21で折り返し、後半は2トライ2ゴールで同点。ロスタイムに得た正面約23メートルのPGをFB植田和磨(3年)が決めた。

勝利の瞬間に抱き合い、涙した植田は「人生で一番緊張して、一番ホッとした」。西條裕朗監督は「体を休めて、思い切って頑張るだけです」と中1日で臨む決勝を見据えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加