ソフトバンク・松田宣 3安打3打点で今季4度目の猛打賞「勝ちをつなげる」

ソフトバンク・松田宣 3安打3打点で今季4度目の猛打賞「勝ちをつなげる」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/10/18

◇パ・リーグ ソフトバンク7―3楽天(2020年10月16日 ペイペイD)

No image

<ソ・楽>3回無死一塁、右中間に2ランを放つ松田宣(撮影・岡田 丈靖)

ソフトバンク・松田宣が1本塁打を含む3安打3打点の大暴れで今季4度目の猛打賞だ。初回1死一、二塁で左前打。2番・川島から始まった6連打、4番・グラシアルから始まった4連続適時打の最後を締めた7番打者は「心臓バクバクで、止めたらどうしようと。6連打、単打6本は珍しい」と喜んだ。

3回無死一塁では10号2ラン。プロ7000打席目で8年連続2桁本塁打を記録し「2桁に満足せず積み重ねていけたら」。5回1死でも中前二塁打。三塁打でサイクル安打達成となる7回2死では右飛で「全力で走りました」と苦笑い。「みんなの力で6連勝。勝ちをつなげる」と口も滑らかだった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加