映画「MINAMATA」公開に合わせインターネット署名

映画「MINAMATA」公開に合わせインターネット署名

  • BSN新潟放送
  • 更新日:2021/09/15
No image

映画「MINAMATA」公開に合わせインターネット署名

水俣病を描いたアメリカ映画「MINAMATA」が国内で公開されるのに合わせ、新潟県内の被害者団体も参加するミナマタ全国連は、水俣病の早期解決に向けインターネット署名の受け付けを始めました。

ジョニー・デップ製作・主演の映画「MINAMATA」は、熊本県で水俣病を撮り続けたアメリカの報道写真家ユージン・スミスを描いた作品で、新潟県内でも2か所の映画館で公開予定です。

こうした国際的な動きがある中、被害者救済に向けた世論を高めようと、新潟や熊本の被害者団体などでつくるノーモアミナマタ全国連がインターネット署名の受け付けを始めました。

新潟水俣病第5次訴訟は提訴から7年以上がたち、原告の平均年齢は73歳。すでに21人の原告が亡くなっており、早期解決が訴えられています。

【ノーモアミナマタ新潟訴訟 川上耕副団長】
「インターネットは誰でもアクセスできる。そういった媒体を使うことは、これまで(出会うことが)なかった人とつながることができるという意味では、大変大きな期待を持っています」

署名はオンライン署名サイト「チェンジ・ドット・オーグ」で受け付けています。

BSN

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加