標高1,350mのお花畑「たんばらラベンダーパーク」平均最高気温25度の清涼空間へ!

標高1,350mのお花畑「たんばらラベンダーパーク」平均最高気温25度の清涼空間へ!

  • LINEトラベルjp
  • 更新日:2021/07/22
No image

標高1,350mのお花畑「たんばらラベンダーパーク」平均最高気温25度の清涼空間へ!

梅雨が明けたら、灼熱の夏! ジトジトとした梅雨は早く明けてほしいと願ってはいても、40度に迫る酷暑も望ましいものではないですよね。

そんなときにおすすめの場所が高原リゾート。今回ご紹介する群馬県「たんばらラベンダーパーク」は標高1,350m、最高気温は平均で25度しかありません。しかも、ラベンダーの爽やかな香り漂う癒し空間としても人気。この夏、清涼と癒しを求めて出かけてみませんか?

首都圏から2時間!関東最大級5万株のラベンダーが咲く紫の楽園

写真:たんばらラベンダーパーク

関越道 練馬ICから約90分。沼田ICからも一般道を30分ほどと、首都圏から約2時間のドライブで到着する「たんばらラベンダーパーク」(群馬・沼田市)。新幹線やバスのツアーも多彩に用意されており、車以外でもアクセス容易です。

標高は最上部で1,350m。標高差100mで気温は0.6度下がると言われていますが、海抜0mと比較すると8度くらいの差があることになります。最高気温は平均で25度程度。清涼感たっぷりの避暑リゾートとしても好評です。

No image

写真:たんばらラベンダーパーク

リゾートセンターに到着したら、まずは夏山リフトで約10分の空中散歩。リフトを降りると、ラベンダーが一面に咲き誇るメインエリア「ハイランドガーデン」に到着します。

ラベンダーを視覚と嗅覚で堪能しながら、整備された遊歩道を10分ほど、ゆっくり歩くと、標高1,350mの大展望台に到着。ラベンダー畑を一望する、園内No.1の絶景スポットです。

No image

写真:たんばらラベンダーパーク

ラベンダーのなかに色鮮やかな赤いハートが浮かび上がる「ハートの畑」も見逃せません。スマホやカメラを置く台と「たんばらラベンダーパーク」と入った看板も設置されていて、定番の記念撮影スポットになっています。

ニッコウキスゲやひまわりなど、様々なお花も鑑賞しよう!

No image

写真:たんばらラベンダーパーク

たんばらラベンダーパークのもうひとつの魅力が、ラベンダー以外にも様々なお花が鑑賞できる点。その代表格が、朝に咲いて夕方にはしぼんでしまうという1日花、ニッコウキスゲです。

直径7cm程度で、ラッパ状に黄色い鮮やかな花が開きます。なお、見頃のピークは例年7月中旬なのでお早めに!

No image

写真:たんばらラベンダーパーク

夏の花といえば、ひまわりも忘れてはいけません。リゾートセンターすぐ横には「ひまわりガーデン」があります。見頃は7月下旬以降。

太陽の方向を向いて咲く性質から、お花が揃って顔を見せてくれる様は圧巻。ひまわりに埋もれるような映え写真が撮れると評判です。

No image

写真:たんばらラベンダーパーク

ラベンダーのほか、サルビアやマリーゴールド、アナベルなどが、まるで虹のように咲き誇るのが「彩の丘」。お互いを引き立てるような鮮やかな色のコントラストが印象的です。

キッズパーク&ドッグランなど子どもやワンちゃんと一緒に来ても楽しい!

No image

写真:たんばらラベンダーパーク

ラベンダー鑑賞もいいですが、子どもにはやっぱり遊び場が必要ですよね。そんなキッズには「たんばランド」がおすすめ。

アスレチックやトランポリン、人気キャラ「たんばりん」のエア遊具など、アイテム充実。にもかかわらず、入場無料というのはうれしい限りです。

No image

写真:たんばらラベンダーパーク

もちろん、ワンちゃん同伴もOK。園内は舗装路が整備されているので、安心して一緒にお散歩できます。

夏山リフトはケージに入れるか、抱きかかえておとなしくできる小型犬なら乗車可能。さらに、大型犬・小型犬でエリアが分かれた日よけ付きの無料ドッグランもあります。

No image

写真:たんばらラベンダーパーク

2021年8月9日までの期間限定で、ラベンダー摘み取り体験ができます。帰宅後、ドライフラワーにして、ご自宅でもラベンダーの香りを満喫できると好評です。

<ラベンダー摘み取り体験>
開催期間:2021年7月17日~8月9日(予定)
営業時間:10:00~12:00/13:00~15:00
※各回先着50名
料金:1,000円

ラーメンやスイーツなど、ラベンダーグルメが勢ぞろい!

No image

写真:たんばらラベンダーパーク

ラベンダーを使用した、充実のオリジナルメニューも魅力的です。高原リフト降り場すぐのウッドランドカフェで食べられるランチメニューが「ラベンダーそば」(1,000円)と「冷やしラベンダーラーメン」(1,000円)。

ラベンダーのエキスを練り込んだ、鮮やかな紫色の麺が特徴的。爽やかな香りが食欲をそそります。

No image

写真:たんばらラベンダーパーク

小腹がすいたら、「オリジナルスコーンとハーブティーセット」(700円)を。ドライラベンダーを使用したスコーンで、さっぱりとした風味が味わえます。

No image

写真:たんばらラベンダーパーク

最後は1番人気! シーズン約6万個を販売するという「ラベンダーソフト」(400円)。ひんやりとした食感と、ラベンダーならではのさっぱり感が人気の秘訣です。

たんばらラベンダーパークの基本情報

住所:群馬県沼田市玉原高原
電話番号:0278-23-9311
アクセス:(車)関越道 沼田ICから約30分 (電車)JR上越新幹線 上毛高原駅から直行バスで約75分、JR上越線 沼田駅から直行バスで約45分 ※直行バスは7/22~8/15運行
営業時間:8:30~17:00 ※最終入園は15:45まで
料金:(入園料)中学生以上1,000円 ※小学生以下無料、ペット400円
(夏山リフト:片道)中学生以上500円、小学生400円 ※未就学児無料

2021年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

記事協力:ハピスノ

関連MEMO

「たんばらラベンダーパーク」公式サイト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加