地上46階・高さ250メートル JR札幌駅前の再開発ビルの計画発表 2029年開業へ 北海道札幌市

地上46階・高さ250メートル JR札幌駅前の再開発ビルの計画発表 2029年開業へ 北海道札幌市

  • HBCニュース
  • 更新日:2021/09/19
No image

動画は元記事でご覧いただけます

JR北海道は、北海道新幹線の札幌延伸に伴う再開発で、札幌駅南口に新しく建設するビルのイメージ図を公開しました。

JR北海道が公開したイメージ図です。
左側が「JRタワー」で、右側の背の高い建物が新しく建設するビルです。
北5条西1丁目と2丁目にまたがる新たなビルは、高さおよそ250メートルで地上46階、地下4階。
1階にバスターミナル、低層階に飲食店などが入り、高層階にオフィスやホテルが入ります。
計画は、15日のJR北海道の会見で発表されました。

「将来の国際都市札幌の顔として、ふさわしいシンボリックなデザインになるように」(JR北海道・島田修社長)

新たなビルは2029年の秋に開業予定です。

9月15日(水)「今日ドキッ!」午後5時台

HBC北海道放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加