【ジャパンC】ヴェラアズールは活気ある動き 渡辺調教師「折り合いが一番のポイント」

【ジャパンC】ヴェラアズールは活気ある動き 渡辺調教師「折り合いが一番のポイント」

  • スポーツ報知
  • 更新日:2022/11/25
No image

◆ジャパンC・G1(11月27日、東京・2400メートル)=11月25日、栗東トレセン

前走の京都大賞典で重賞初V、勢いが魅力のヴェラアズール(牡5歳、栗東・渡辺薫彦厩舎、父エイシンフラッシュ)は、CWコースを半マイル65秒3―14秒8で駆けた。

調教後の馬体重は522キロ。渡辺調教師は「以前はもっとボッテリしていましたが、研ぎ澄まされてきた感じ」と充実ぶりを伝える。勝ったここ2戦も道中力んでいただけに「折り合いが一番のポイント。前に壁をつくれる枠はいいし、G1のペースで流れてくれれば」と期待を寄せた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加