TOYOTA GAZOO Racing、2023年ドライバー育成計画発表。TGR-DCとして多くのレースに挑戦

TOYOTA GAZOO Racing、2023年ドライバー育成計画発表。TGR-DCとして多くのレースに挑戦

  • AUTOSPORT web
  • 更新日:2022/11/25
No image

11月25日、TOYOTA GAZOO Racing(TGR)は2023年のモータースポーツ活動体制を明らかにし、そのなかでドライバー育成計画についても発表を行った。

TGRは国内外のレース、ラリーへステップアップするドライバーの育成、サポートを長年続けており、2023年も「サステナブルなモータースポーツ業界の実現に向け、国内外のトップカテゴリーで活躍できるドライバーの育成と輩出を目的」としたドライバー育成プログラムを継続する。

さらに才能ある人材には、国内のスーパーGT、全日本スーパーフォーミュラ選手権、WEC世界耐久選手権、WRC世界ラリー選手権へのチャレンジプログラムなど、上位カテゴリーへのステップアップをサポートしていく。

2023年のTGRドライバー・チャレンジ・プログラム(TGR-DC)の育成ドライバーは小高一斗、平良響、野中誠太、小山美姫という4名の若手ドライバーを支援する。

2022年の全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権チャンピオンの小高は既報のとおり、KONDO RACINGからスーパーフォーミュラへステップアップを果たす。また、平良と野中についてはトムスからスーパーフォーミュラ・ライツへと引き続き参戦を行うが、小山については参戦カテゴリーが未定となっている。

FIA-F4には、2023年もTGR-DC Racing Schoolから4名のドライバーが参戦。2022年ランキング4位の中村仁、同6位の小林利徠斗をはじめ、佐野雄城、奥本隼士という4台体制で挑む。

そして国内外のトップカテゴリーにおいて活躍できるプロドライバーの発掘・育成を目的に実施されているTGR-DCレーシングスクールについても引き続き富士スピードウェイでの開催が継続され、こちらの詳細は後日発表される。

また、WRCチャレンジプログラムでは昨年に引き続き、大竹直生、小暮ひかる、山本雄紀の3名がフィンランドを拠点として欧州の地方選手権ラリーを中心にラリー4車両で参戦を行っていく。

No image

2022年のフォーミュラ・リージョナルチャンピオンを決めた小山美姫とアドバイザーの山下健太

No image

2023年のFIA-F4も4台体制となるTGR-DC Racing School

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加