「ガキ使に渡部建」出演報道は「観測気球」か 反応が悪ければ全カットも!?

「ガキ使に渡部建」出演報道は「観測気球」か 反応が悪ければ全カットも!?

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2020/11/20

2020年も残り少なくなってきた今日この頃。そんな中、11月中旬になって、毎年恒例となっているあの年末特番について、「アンジャッシュ」の渡部建さん(48)が出演するとの情報が相次いで飛び出している。

No image

渡部さんといえば、6月11日発売の「週刊文春」(6月18日号)で複数の女性との不倫を暴露され、現在、芸能活動を休止中だが、なんでも、その渡部さんが大晦日に放送されると目される「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」(日本テレビ系)の「笑ってはいけないシリーズ」に出演するというのだ。

相次ぐ渡部さんの「笑ってはいけないシリーズ」出演情報

2020年11月20日、「スポーツニッポン」は、渡部さんが「年末特番で電撃復帰することが19日、分かった」と報道。「『絶対に笑ってはいけない』シリーズで、10月下旬に番組からのオファーを受け、決断した」と、同番組が年末に放送されること、及び、そこに渡部さんが出演すると報じたのだ。

同記事では併せて、渡部さんがいまだマイナスイメージを全く払拭できていないことについて局内で慎重に協議が行われ、その結果、本人の復帰への道となればとのコンセプトで出演が決まったと報道。関係者からの話として、これまでも同番組でスキャンダルから復帰した例があるとの声が上がっていると、その出演決定までの過程を説明している。

この記事に対し、ネット上では「個人的にだけど渡部はガキ使で見たくない 普通に笑えない」といったツイートが噴出する一方、「ちょっと興味あるから見てみたいけどな どんな風にいじられるのか」と、渡部さんが「どの面を下げて」出演するのか興味があるとする声も上がるなど、賛否両論が渦巻く展開となっている。

また、これより3日前となる17日に発売された「週刊女性」(12月1・8日合併号)は、「渡部建『笑ってはいけない』禊コントで電撃復帰計画に怒りの『待った!』」との見出しで、やはり、渡部さんが同番組で芸能活動を再開すると報道。これに対しても、「これは笑ってはいけないじゃなくて笑えないから...」「渡部さんおかえりー!と言いたいなー」といった声が上がるなど、渡部さんが復帰するとの情報が飛び出すたびに賛否両論が噴出する事態となっている。

これまでの「禊」はサプライズ出演だった

ただ、これらの声が上がるたびに「渡部復帰とかネタバレやめろよ おもしろさ半減やん」と、番組の内容がネタバレしていると難じる声も同時に上がっているのだ。確かに、渡部さんが復帰するという情報が漏洩することは、それすなわち、番組の内容がネタバレするということであり、そのような展開を望まない視聴者が存在するというのは至極当然のことである。

また、「笑ってはいけない」において、これまで、ゲストの情報が事前に、それも番組の制作発表前に漏洩するという展開はなく、ゲストが誰であるかは、基本的には事前発表なし、もしくは放送直前の番組宣伝で匂わされるものだった。事実、これまでに「不倫騒動の禊」として同番組で復帰した袴田吉彦さん(2017年出演)と原田龍二さん(2019年出演)は共にサプライズで番組に出演しているため、報道通り渡部さんが出演した場合は、それこそ、異例の展開と言えるだろう。となると、なぜ今回、渡部さんが出演するとの情報が「事前に」漏れているのだろうか。

考えられるのは、渡部さんが番組に出演した場合の反響を予測すべく、番組側が自ら情報を漏らした上で、「観測気球」を上げているという可能性だ。渡部さんの件に関しては、「多目的トイレ内での不倫」という、袴田さんと原田さんの場合に比べてより大きく世の中を騒がせた感は否めず、このため、事前情報を漏洩させた上でどれぐらいの反発があるかを確認してから放送中に登場する分数を決めるといった「安全策」を取る可能性は、十分にあると言って良いのではないだろうか。

もちろん、その結果、渡部さんの出演シーンが「全カット」となる可能性もあるだろう。ただ、「笑ってはいけないシリーズ」は、もはや国民的年越し番組として定着しており、番組側としてはその看板に傷を付けるわけにはいかないのも事実。そう考えると、これら、漏れ伝わってくる情報が「観測気球」である可能性は、あながち低いとは言えないのではないだろうか。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加