ロボットがピンチ!?...陶芸で作った「香炉」が話題

ロボットがピンチ!?...陶芸で作った「香炉」が話題

  • テレ朝news
  • 更新日:2023/01/25
No image

動画を見る(元記事へ)

香をたく器、香炉が斬新なデザインで制作され、香りばかりでなく見ても楽しいと注目を集めています。

右肩をかばうように押さえる険しい表情のロボット。その背中からは煙が立ち上っています。まるでロボットが負傷したかのように見えるこの作品は、お香をたくための器、香炉です。

制作したのは、造形が趣味の井上卓さん。普段は紙粘土でアニメのキャラクターをモチーフにした作品を作っているそうですが、この香炉は陶芸教室で作ったオリジナルだということです。

ロボットの背面に火の付いたお香を入れるため、重心を低くして安定して置けるように工夫したといいます。

焚いた時に出る煙を利用した斬新なアイデアがツイッターに投稿されると、「発想が秀逸すぎる」「センスが爆発してる」などと大きな反響を呼んでいます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加