夏こそ香水を楽しみたい!暑い季節におすすめのつけ方と注意点

夏こそ香水を楽しみたい!暑い季節におすすめのつけ方と注意点

  • FRONTROW
  • 更新日:2022/08/05
No image

手軽に香りを楽しめて、気分転換にもピッタリな「香水」。夏も好きな香りを楽しみたいけれど、蒸し暑い季節は汗などが気になって上手に使いこなせない…と悩んでいる人もいるのでは? そんな夏に香水を楽しむために知っておきたい、おすすめのつけ方と注意点をご紹介。(フロントロウ編集部)

夏に思いっきり香水を楽しむコツ

いよいよ夏本番。ファッションを楽しむように、夏らしい香水をまといたいけれど、汗の匂いと香りが混ざって不快な香りになってしまったり、 外出した際に周りの人に迷惑をかけていないか気になったりなど、なかなか思うように楽しめない人も多いはず。

[ 関連記事を読む - フレグランス ]

No image

そんな夏にフレグランスを楽しむために知っておきたい、おすすめのつけ方と注意点をフレグランスの専門家たちが米Instyleで紹介した。

1.甘い香りはなるべく避ける

老舗フレグランスメーカーCLEAN Fragrancesのクリエイターであるスティーブン・クレイズによると、夏に香りを楽しみたいときに気をつけたいのは、甘い香りのフレグランス。

スティーブンいわく、 バニラやキャラメルなどのグルマン系、ベリーなどのフルーティー系などの甘い香りは、自然界に存在する花や果物をイメージして作られているため、どうしても「虫」を引きつけやすいそう。

No image

また甘めのフレグランスは、夏場の湿気や汗で香りが強く出すぎたり、重たい印象を与えたりする可能性があるため、夏よりも冬につけたほうが適切だとスティーブンは勧めている。

とはいえ、なかには甘めのフレグランスをつけたい!という人もいるはず。そういう時は、爽やかなシトラス系を選ぶのがベスト。甘さを残しつつも軽やかな香りで、蒸し暑い夏にもピッタリなのだとか。

2.ボディケア製品の上から香水を重ねる

夏にフレグランスをつける時にもうひとつ気をつけたいのは、香りの持続。

とくに夏に人気の高い「オードトワレ」や「オーデコロン」などのフレグランスは、香りが軽やかで夏でもつけやすい分、香りの持続力が短いため、すぐに香りが消えやすいそう。また、大量の汗をかくこともフレグランスが落ちやすい要因のひとつだという。

そんなときにおすすめなのは、ボディバームやローションで肌を保湿してからフレグランスを重ねること。

No image

ニューヨーク発のフレグランスブランドDemeter Fragrance LibraryのCEOであるマーク・クレイムズいわく、これらのボディケア製品をあらかじめ肌に塗っておくことで、肌が保湿されて香りの粒子がしっかり密着。長時間香りを楽しむことができると明かした。

好きな香りをまとえば、暑い時期でもお出かけがグッと楽しくなるはず。ワンランク上のつけ方をマスターして、夏を思いっきり楽しんでみて。(フロントロウ編集部)

フロントロウ編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加