名古屋市が6月から独自の旅行支援 市内での宿泊料金 1泊5000円を上限に半額 愛知、岐阜、三重、長野、静岡の県民対象

名古屋市が6月から独自の旅行支援 市内での宿泊料金 1泊5000円を上限に半額 愛知、岐阜、三重、長野、静岡の県民対象

  • CBC news
  • 更新日:2022/05/14

名古屋市が6月始めるのは、名古屋市内での宿泊料金を、半額にするキャンペーンです。

これは13日、名古屋民主市議団の要望に対して、名古屋市側が明らかにしたものです。

名古屋市によりますと、名古屋市内の宿泊施設で宿泊した場合、1泊につき5000円を上限に宿泊料金の半額を補助します。

No image

愛知、岐阜、三重、長野、静岡の県民が対象です。

6月上旬からの宿泊を想定し、5月に予約を開始します。

期間は来年2月までの予定ですが、新型コロナウイルスの感染状況による中止もありうると説明しています。

名古屋市の新型コロナ対策で旅行料金を補助するのは初めてです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加