森進一特集『栄光の昭和歌謡』 デビュー55周年の波乱万丈な歌人生に迫る

森進一特集『栄光の昭和歌謡』 デビュー55周年の波乱万丈な歌人生に迫る

  • Sirabee
  • 更新日:2021/11/25
No image

12月5日よる7時より『栄光の昭和歌謡森進一デビュー55周年 出会いの歌人生』(BSテレ東)が放送される。

画像をもっと見る

■昭和歌謡を彩った歌人生

No image

歌謡曲の黄金期と言われる昭和歌謡を彩り、デビュー55周年を迎えていまなおステージに立ち続ける森。数え切れないヒット曲を持ちながら、その歌人生は波乱万丈であった。それでも森は、「昔があるから今がある」と言う。

同番組による、2時間半にわたるロングインタビューでは、今年74歳となった森のこれまでを振り返り、これからについて赤裸々に語られている。

関連記事:霧島昇さん、灰田勝彦さん、小畑実さん 昭和を歌で照らした3人の素顔に迫る

■名曲の数々を紹介

また、ともに昭和を駆け抜けた、作曲家の故・猪俣公章さんと、故・古賀政男さん、歌手の故・美空ひばりさん、作詞家の故・岡本おさみさんと、故・阿久悠さんとの秘話も明かされる。

さらに、“人間・森進一”独自の人生論や思いを、そのヒット曲とともに紹介。「おふくろさん」や「襟裳岬」、「冬のリヴィエラ」などの名曲の数々は見逃せない。

■「手探りの人生でした」

放送に先立ち、森と番組プロデューサーからコメントが寄せられた。

No image

-デビューしたときの心境は?

森:マスコミで”一発屋”とか”ゲテモノ”とか書かれて…そんなに長くは続かないなと思っていた。

-子供時代は苦労されましたか?

森:(母が離婚して)長男がやっぱり家族を支えていくのが当たり前だと思って、もう夢とか希望とかね、持てる状況じゃなかったです。

―お母様を亡くされたときは?

森:僕の今までやってきたことは何だったんだろうって思いました。弟と妹をどうしようかって。でも、自分がしっかりしなきゃしょうがない。手探りの人生でしたね。

■森進一の歌は“メッセージ”だ

橋本かおり統括P:森進一の歌は、メッセージだ…。編集を終えてみると、全ての歌が、彼の人生と重なります。紆余曲折、波瀾万丈の出来事があったにもかかわらず、森さん作詞の歌にあるように、”あるがままに生きる”の歌人生55年を生きられた気がします。

今だから語る、さまざまな思いを番組では話していただきました。子供の頃の苦労、最愛の母の死、独立の話、子供の育て方…そして、今思うこと…。2時間たっぷりと森進一さんの歌人生お楽しみください。

・合わせて読みたい→『ねほりんぱほりん』女子刑務所経験者が激白 「お肉屋さん」と呼ばれた人は…

(文/Sirabee 編集部・ゆきのすけ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加