チェルシーが生え抜きDFチャロバーと2028年まで契約延長「全力を尽くしたい」

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/11/25

チェルシーは25日、元U-21イングランド代表DFトレヴォ・チャロバー(23)との契約延長を発表した。

【まとめ】海外移籍最新情報を網羅!詳報をチェック

新契約は2028年6月までとなり、2029年まで延長するオプションがついているという。

フルアムでプレーする兄のナサニエルと共にチェルシーの下部組織で育ったチャロバーは、イプスウィッチ・タウン、ハダースフィールド・タウン、ロリアンへのレンタル移籍を経験。2021年7月に正式にファーストチームに昇格した。

ここまでチェルシーでは公式戦43試合に出場し4ゴール2アシストを記録。今シーズンもプレミアリーグで8試合、チャンピオンズリーグ(CL)で4試合、EFLカップで1試合に出場している。

9歳から所属するクラブでの長期契約にサインしたチャロバーはクラブを通じてコメントしている。

「ユニフォームを着るたびに光栄に思う。このクラブのために全力を尽くしたいと思う」

「誰もが知っているように、僕は幼い頃からここにいて、ここでプレーを続けるということは全ての子ども夢だ。機会があれば、いつだってクラブのために全力を尽くし、未来を見据えていく」

「神にも感謝したい。神がいなければ、これは不可能だった。そして、常に信じているだけだ。家族にも、クラブにも感謝している。これからも全力を尽くしたいと思う」

サッカーの神様「ジーコ」が
本格サッカーシミュレーション「サカつくRTW」についに登場!
>詳しくはこちら

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加