アニメ「東京BABYLON 2021」蒼井翔太、水樹奈々、梅原裕一郎がメインキャスト!放送は2021年4月

アニメ「東京BABYLON 2021」蒼井翔太、水樹奈々、梅原裕一郎がメインキャスト!放送は2021年4月

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2020/11/20
No image

「東京BABYLON 2021」 - (C) CLAMP・ST/TOKYO BABYLON 2021 PROJECT

人気漫画家集団CLAMPの人気コミック「東京BABYLON」が、約30年の時を経て「東京BABYLON 2021(読み:トウキョウバビロンニーゼロニーイチ)」としてテレビアニメ化される。19日に行われた制作発表会では、キービジュアル、第2弾PV、メインキャスト、メインスタッフ、主題歌アーティストなどの続報が一挙に公開され、放送時期が2021年4月であることも発表された。

原作は、1990年から1993年にかけて連載された作品。アニメでは、2021年の東京を舞台にストーリーが展開していく。陰陽師としてさまざまな霊的事件を解決していく主人公・皇昴流と双子の姉・北都、謎多き人物・桜塚星史郎らが織り成す人間模様が描かれる。

主人公・皇昴流役に蒼井翔太、北都役に水樹奈々、桜塚星史郎役に梅原裕一郎が決定。監督を鈴木信吾工藤進、シリーズ構成を熊谷純、キャラクターデザインを古田誠が務める。主題歌アーティストとして、オープニングテーマを蒼井、エンディングテーマを水樹が担当する。

主人公を演じる蒼井は、「この度、『東京BABYLON 2021』にて、皇昴流役を演じさせていただくこととなりました。CLAMP先生が手がけられた名作が時を経て、今ここに再誕します。この作品に詰め込まれている大きなテーマと、普段、僕たちが感じることのできないものを、2021年に生きる昴流を通して精一杯伝えられたらと思います。ぜひ、ご期待ください!」と気合十分。

北都役の水樹は、「学生時代、読んでいた作品にまさか自分が携わることになるなんて……! とても光栄です!! 素晴らしい原作に、今この時代だからこその要素が追加され、それが見事に融合し、毎話胸を揺さぶられています」と語っている。星史郎役の梅原は、「桜塚星史郎という魅力あふれる人物を演じられて、うれしく思います。令和という新しい時代だからこそ、さまざまな問題を抱える今の社会で生きる人々のドラマを描く、新しい『東京BABYLON』をお届けできれば幸いです。全力で星史郎を演じさせていただききますので、放送をお楽しみに」とコメントを寄せている。

YouTubeで生配信された制作発表会では、蒼井と梅原が登壇。制作発表会の様子は、26日23時59分までアーカイブ公開中だ。ほかにも、続報の発表を記念して、TVアニメ公式SNSではプレゼントキャンペーンが開催中。また、20日~23日の期間限定で、アニメイト4店舗(池袋本店、名古屋、大阪日本橋、京都)では、メインキャラクターの等身大スタンディパネルが展示されている。

鈴木監督は、「『東京BABYLON』という作品が持つ魅力を、この令和の時代にアニメーションとしてお届けできることをとても光栄に思っております。昴流を始めとするキャラクターの個性的な魅力や、2021年の東京を舞台に、まっすぐに立ち向かっていく姿をどうぞ見守っていただけますと幸いでございます。スタッフ一同全力で制作していますので、ぜひ楽しみにしていただけると幸いでございます」と意気込む。(編集部・梅山富美子)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加