SSFF & ASIA 2020が開幕、3役演じた剛力彩芽「役者として成長していきたい」

SSFF & ASIA 2020が開幕、3役演じた剛力彩芽「役者として成長していきたい」

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2020/09/16

ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF & ASIA)2020のオープニングセレモニーが、本日9月16日に東京・明治神宮会館で開催された。

No image

左から要潤、剛力彩芽、ソニン。

すべての画像を見る(全17件)

本日から9月27日まで開催されるSSFF & ASIA 2020。22年目となる今年は、世界112の国と地域から集まった約1万本の中から、選りすぐりの約200作を上映する。

No image

全世界に配信されたセレモニーでは、まずSSFF & ASIAの代表・別所哲也とフェスティバルアンバサダーのLiLiCoがステージで挨拶。またフェスティバルナビゲーターであるGENERATIONS from EXILE TRIBE白濱亜嵐もリモートで参加した。映画祭開催にあたり多くのショートフィルムを鑑賞したという白濱は「自宅で観ていたのですが、サクサク観れてしまうので、あっという間に時間が経ってしまいました」と笑みをこぼす。

No image
No image

続いて童話などをモチーフとした短編小説を公募し、対象作品をショートフィルム化するブックショートアワードより、昨年度の受賞作品「シャフリヤールの昼と夜」の完成発表が行われた。「アラビアンナイト」をもとに、里中徹が原作を手がけた本作では、妻の不貞を知り1人で生きることを選んだ衛と彼が出会った風俗嬢・ミズキの姿が描かれる。ステージにはキャストの福田麻由子田畑志真、監督の加藤大志が登場。加藤は「もとになっているのは王妃が生き延びるために王様に毎晩お話を聞かせる話です。この原作を映像化するのは難しかったですが、撮影は楽しかったです」と振り返った。福田は「『ヘブンズ・ドア』で共演した際は、吹越満さんはお父さんの役でしたが、今回はお客さん。不思議な気持ちでした」と語り、田畑は「大人っぽくて、陰のある女の子を演じました。自分とは真逆のキャラクターでしたが、楽しかったです」と笑顔を見せた。なお第6回ブックショートアワードは、「みにくいアヒルの子」を二次創作した森な子による「どこにもいかずにここにいる」が受賞した。

No image

そしてARUHIアワード大賞受賞作品をショートフィルム化した「おたんじょうびおめでとう」の完成発表には、キャストの要潤奥菜恵、監督のたかひろやらが出席。「おたんじょうびおめでとう」は、「大切なある日」「新しい生活」「マイホーム」をテーマに短編小説を募集し、その中から選ばれた作品を映像化したものだ。一家の主人・建が娘の絵に「おたんじょうびおめでとう」という文字を発見したことから物語が展開する。要は「いったい誰の誕生日なんだろう?という謎を追いかけていく作品。最後まで見飽きないです」とアピールし、「ささいな日常を切り取った脚本に感動しました」と言及。要と夫婦役を演じた奥菜は「要さんとの共演は安心感しかなかったですね。マイペースで明るいし、現場を和ませてくれる。リラックスして撮影ができました」と回想した。

No image

今回から新たな才能の原石をセレクトし、さらなる飛躍を応援するLEXUS OPEN FILMが始動。セレモニーには作品セレクトを担当した安藤桃子とLexus International Jブランディング室室長の沖野和雄が登場した。選ばれたのは小川貴之の「アストロエイジ」、富田大智の「Future is MINE - アイヌ、私の声 -」、大森歩の「リッちゃん、健ちゃんの夏。」の3作品。安藤は「作品を選ぶうえで、日本らしさってなんだろう?と考えました。今まで考えてきたようで、意外に考えたことがなかった。すごく楽しくセレクトしましたね」とコメントした。

No image

次に行われたのはアミューズミュージカルアワード企画コンペティション優秀賞の発表。ブラッドリー・ポーターが監督を務めた「Sleep Singing」が優秀賞に輝いた。登壇したアミューズ代表取締役の大里洋吉は「アミューズとしてSSFF & ASIAに何かお手伝いできることはないか? それはやっぱりミュージカルでした」と話し、ソニンは「『Sleep Singing』は日常の音が音楽になっていくことが想像できる企画でした。これを映像化したら、日々がエンタテインメントだと実感させてくれると思います」と期待を込める。

No image

日本人監督を応援する「クリエイターズ支援プロジェクト」発表会には、企画段階から参加し主演も務めた剛力彩芽と、メガホンを取った洞内広樹、大森歩、井上博貴が登場。同プロジェクトでは、3本のショートフィルムを製作し、剛力は3人の女性を演じている。「全然違うキャラクターをやらせていただいて、楽しかったです」と言う剛力は、「実は18歳のときに、本格的に役者としてやっていこうと決意しました。今年でちょうど10年目。役者としてこれから成長していきたいですし、芸術を発信するお力添えができればと思っています」と決意を口にした。

このほか渋谷区基本構想の普及啓発活動の一環であるShibuya Diversity Awardをバーバラ・エルビンガーの「フレッド&ドードー」が受賞。さらに地球を救え!アワード 環境大臣賞を三好優太が手がけた「オアシス」が獲得し、地球を救え! J-WAVE Awardにはニコラス・チンとアーネスト・ザッカーレヴィッチが共同で監督した「Rewild」が輝いた。

「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2020」は、オンライン会場と都内の複数の会場で開催中。詳細については映画祭公式サイトで確認を。

ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2020 受賞作品

Shibuya Diversity Award

「フレッド&ドードー」

第6回ブックショートアワード

「どこにもいかずにここにいる」

アミューズミュージカルアワード(最優秀企画)

「Sleep Singing」

地球を救え!アワード 環境大臣賞

「オアシス」

地球を救え! J-WAVE Award

「Rewild」

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加