【ちむどんどん】母親の優子、実は賢秀の子育てが失敗だったと自覚していた!?

【ちむどんどん】母親の優子、実は賢秀の子育てが失敗だったと自覚していた!?

  • asageiMUSE-アサ芸ミューズ
  • 更新日:2022/06/23
No image

実際のところ、彼女自身も自覚していたのかもしれない。

6月23日放送のNHK連続テレビ小説ちむどんどん」第54回では、ヒロインの比嘉暢子(黒島結菜)が沖縄の実家に電話をかけ、母親の優子(仲間由紀恵)に助言を求める場面があった。

勤務するイタリア料理店「アッラ・フォンターナ」にてシェフ代行に任命されるも、意欲ばかりが空回りし、先輩コックたちからの協力が得られない暢子。兄の賢秀(竜星涼)からは「謝ったら負け」とアドバイスされ、それを愚直に実行した結果、ますます厨房で孤立する結果となっていた。

「店休日に暢子は、両足骨折で入院している二ツ橋シェフ(髙嶋政伸)のお見舞いに行きました。ここで暢子は、シェフ代行に推薦してくれたのが二ツ橋だったのを知ることに。その二ツ橋からは『大事なのはあなたらしさ。あなたのいいところを忘れずに仕事をしてください』とのメッセージをもらったのです」(テレビ誌ライター)

No image

二ツ橋を見舞った暢子は、自分をシェフ代行に推薦したのは当の二ツ橋だったと知ることに。トップ画像ともに©NHK

せっかく推薦してもらったものの、自分のいいところが分からずに悩む暢子。兄の賢秀から「俺じゃないときは他の家族を頼れ!」と言われたこともあり、暢子は下宿先の沖縄料理店「あまゆ」のすぐ外にある公衆電話から、実家に電話したのだった。

暢子からの電話に喜ぶ母親の優子は、「お父ちゃんと二人でいつも話してた。『ありがとう』と『ごめんなさい』を大きな声で言えるところが暢子の一番いいところよって」とアドバイス。すると暢子は何かをつかんだようで、「やっと答えが見つかった!」と笑顔を見せていたのである。

「正直なところ、ほとんどの視聴者は《いいところって、それ?》と驚いたことでしょう。その一方で、それが暢子のいいところなのであれば、その真逆をいっているのが長男の賢秀であることは明らか。ろくに『ありがとう』を言うこともなく、『ごめんなさい』に至ってはほとんど口にしたことのない俺様体質の長男様ですからね」(前出・テレビ誌ライター)

そもそも「ありがとう」や「ごめんなさい」を言えるのは、社会人としてごく当たり前のことだ。その当たり前を<暢子ならではの長所>だと指摘するのは、他のきょうだいたちがそれをろくに実践できていないことの表れではないだろうか。

ただ、長女の良子(川口春奈)や三女の歌子(上白石萌歌)に関しては、感謝や謝罪の気持ちを口にする場面も少なくなかったはず。そうなるとやはり、優子が比較の対象としていたのは長男の賢秀であることは明らかだろう。

No image

もはや諸悪の根源といった存在の賢秀。暢子にとっては反面教師になるのか? ©NHK

「なにしろ妹の暢子に『謝ったら負け』とけしかけた張本人ですからね。そんな考え方だからこそ賢秀は、大事なお金を投資詐欺で持ち逃げされたり、ボクシングジムの会長から借り逃げしたりと、ろくでもない人間に育ったのでしょう。いつも賢秀にはとことん甘い態度を取る優子ですが、暢子へのアドバイスを聞く限り、実は賢秀の子育てに失敗したとの自覚を持っているのかもしれません」(前出・テレビ誌ライター)

自覚しているからこそ、迷惑をかけ続ける賢秀に対して強く出ることができない。優子はそんな悪循環に陥っているのかもしれない。

【写真ギャラリー】大きなサイズで見る

asageiMUSE-アサ芸ミューズ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加