ザバス鶴見水泳4選手 マスターズ日本記録更新 4×200mフリーリレーで快挙〈横浜市鶴見区〉

ザバス鶴見水泳4選手 マスターズ日本記録更新 4×200mフリーリレーで快挙〈横浜市鶴見区〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2021/11/25

豊岡町のスポーツクラブ「ザバス鶴見」に所属する4選手が、このほど愛知県で行われた日本マスターズ水泳長距離大会に出場。4×200mフリーリレーの280歳区分で日本新記録を樹立した。

記録を塗り替えたのは藤枝康子さん(62)、青柳夕起子さん(75)、伊藤幸英さん(69)、和田芙沙子さん(75)の4人。近隣在住で、ザバス鶴見の水泳教室に通い、18歳以上が参加できるマスターズの選手として登録している。

出場したのは、(一社)日本マスターズ水泳協会が主催する長距離大会。出場者の合計年齢で区分するフリーリレーで13分40秒60をたたき出し、日本新記録を約20秒上回った。

緊張に負けず

2018年からチームとして泳いでいた3人に、今回伊藤さんを新メンバーとして加え、初めての大会となった。

2018年に2度、4×100mフリーリレーで日本新記録を樹立していたことに加え、久々の大会で一人200mの距離に挑戦したこともあり、「プレッシャーが大きかった」と4人は口を揃える。「でも、仲間が待っているから」。緊張しながらも、それぞれが自分のタイムを意識したことが結果につながった。「まずは泳げてほっとした。新記録にはただただびっくり」

スクールほか、マスターズの練習やパーソナルトレーニングなど、週3〜4はクラブに通っているという4人。「もう生活の一部。世代関係なく色々な人と交流できるし、みんな仲が良くて」とクラブの魅力を語る。真栄田こずえコーチは「結果は後からついてくる。細く長く続けてほしい」と話した。

No image

左から和田さん、伊藤さん、青柳さん、藤枝さん

タウンニュース鶴見区版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加