【中京6R新馬戦結果】キズナ産駒マテンロウボンドが差し切りV

【中京6R新馬戦結果】キズナ産駒マテンロウボンドが差し切りV

  • netkeiba.com
  • 更新日:2022/01/15
No image

川田将雅騎手騎乗のマテンロウボンドが勝利(c)netkeiba.com

15日、中京競馬場6Rで行われた新馬戦(3歳・芝2000m・12頭)は、道中は中団前を追走した川田将雅騎手騎乗の2番人気マテンロウボンド(牡3、栗東・野中賢二厩舎)が、ゴール手前で前を差し切り、馬の間から伸びた1番人気プラダリア(牡3、栗東・池添学厩舎)に1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分04秒2(良)。

さらにクビ差の3着に9番人気ララヴォルシエル(牡3、栗東・辻野泰之厩舎)が入った。なお、3番人気ジーショウグン(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)は4着に終わった。

勝ったマテンロウボンドは、父キズナ、母スマッシュハート、その父キングカメハメハという血統。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加