上原浩治氏「ちょっと嫌なひねり方だったよね」 復帰登板で好投も負傷降板した千賀を心配

上原浩治氏「ちょっと嫌なひねり方だったよね」 復帰登板で好投も負傷降板した千賀を心配

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/04/07

◇パ・リーグ ソフトバンク7―0日本ハム(2021年4月6日 札幌D)

No image

上原浩治氏

巨人に在籍していた2019年5月にシーズン途中で現役引退した元メジャーリーガーの上原浩治氏(46)が6日、自身のツイッターを更新。復帰登板となった同日の日本ハム戦(札幌D)で6回途中に負傷降板したソフトバンクのエース、千賀滉大投手(28)を心配した。

千賀は5―0で迎えた6回、先頭・近藤を3球三振に仕留めて1死を取った後、渡辺に投じたこの試合81球目をピッチャー返しされ、この打球を体をひねりながら捕球。直後に左足首を手で押さえてマウンドにうずくまり、動けなくなった。場内が騒然とする中、担架で運ばれ、負傷降板。その後、チームは7―0で勝利を収め、6回途中3安打無失点の千賀は勝利投手となったが、あまりに痛い交代となった。

これを受け、上原氏は「ソフトバンク…千賀選手。復帰してきて、チームの雰囲気、士気が上がってきたんだけど…ピッチャーライナーを素晴らしいプレーで捕球したんだけど」と涙を流す顔の絵文字付きでツイート。「ちょっと嫌なひねり方だったよね」とし「大したことないことを願う!!」と祈りを捧げた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加