日本では小学校の6年間で、子どもたちにたった一つの「道理」を教える=中国メディア

日本では小学校の6年間で、子どもたちにたった一つの「道理」を教える=中国メディア

  • サーチナ
  • 更新日:2020/09/16
No image

日本では小学校の6年間で、子どもたちにたった一つの「道理」を教える=中国メディア

中国の教育系情報サイト・芥末堆は15日、「日本の小学校では6年間で、子どもたちにたった一つの道理だけを教える」とする記事を掲載した。

記事は、日本の学校教育におけるあらゆる活動が、すべて子どもたちに「どうしたら他人に迷惑をかけないようにできるか」ということを教え、子どもたちの思いやりの心を育むという目的につながっていると紹介。日本の教育基本法でも、教育の究極的な目標は「人格の形成」で、思いやりの心が人格形成の必要条件と記されているのだと伝えた。

その上で、日本の子どもたちは小学校に上がると自分たちだけで登下校をするようになるとし、これも保護者に送迎の「面倒をかけない」ようにするという教育の一環であると説明。さらに、登下校時に大小さまざまなカバンや袋を持つことも、自立性や整理収納能力を培ううえで大きな役割を果たしているとした。

また、社会のルールを守り、他人に迷惑をかけないという教育は、交通安全教育を足掛かりにしているとし、子どもたちが真剣に交通ルールと向き合うことにより、社会におけるその他のルールについても守ろうとする心がけが自然と芽生え、それが社会の公徳心につながり「他人に迷惑をかけない良い市民」を育てるのだと紹介している。

さらに、交通ルールを足がかりとして社会のあらゆるルールを守る意識を培うことにより、自律的な集団を形成することができると指摘。この集団性は、何事をするにも他人がどう思うかを考え、他人への配慮を重んじる性質を持つのだと伝えた。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

今関忠馬

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加