「ちむどんどん」暢子にはなむけの言葉&回想シーン「もう今日が最終回でいいよ」の声

「ちむどんどん」暢子にはなむけの言葉&回想シーン「もう今日が最終回でいいよ」の声

  • 日刊スポーツ(エンタメ)
  • 更新日:2022/09/23
No image

朝ドラ「ちむどんどん」主演の黒島結菜(2021年12月撮影)

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」(月~土曜午前8時)の第120話が23日に放送された。

※以下ネタばれを含みます。

あらすじは、暢子(黒島結菜)は、和彦(宮沢氷魚)と健彦と家族3人で、沖縄やんばるへの移住を決意した。やがて東京を去る日が近づき、暢子の店「沖縄料理ちむどんどん」で送別会が開かれる。三郎(片岡鶴太郎)をはじめ、長年暢子を見守ってきた人たちがそれぞれ思い出を語り、はなむけの言葉を贈る…。しかし、そこにフォンターナのオーナー房子(原田美枝子)の姿はなかった。

暢子はフォンターナに向かい、房子とペペロンチーノ勝負をする。そして沖縄でのエールの言葉をもらう。

なじみの人が応援の言葉を贈り、ネットも反応した。

ツイッターには「今日最終回で良さそうな回想シーンの連続」「もう今日が最終回でいいよ」「今日の涙は暢子としてと中の人の感情が混同していたように感じた 金八の卒業シーンみたいな」「今日のちむどんどん 矢作さんの挨拶立派だった 重子さんの中原中也の詩もよかったなぁ! ペペロンチーノにんにく一カケ丸ごと使ったの美味しそうだった…来週で終わりかぁ」「やっぱりそうだよね。矢作が引き継ぐよね。良かった良かった」「重子さんの詩の朗読、素敵」「波子さんの方が名残惜しそうなw」「でも料理対決の二人はちょっと可愛い」「ツンツン房子も最後はデレる」などとコメントが並んだ。

同作は沖縄の料理に夢をかけた料理人を目指す沖縄生まれの主人公、比嘉暢子と、支えあうきょうだいを描いた物語。タイトルの「ちむどんどん」は、心がワクワクすることを意味する。ヒロインの父親を大森南朋、母親を仲間由紀恵、きょうだいを竜星涼、川口春奈、上白石萌歌が演じる。主題歌はドラマの舞台となる沖縄県出身の歌手三浦大知が書き下ろしたオリジナル楽曲「燦燦(さんさん)」。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加