「模試の結果が悪くて立ち直れない...」QuizKnock伊沢拓司&あさぬまが実際に行った対策は?

「模試の結果が悪くて立ち直れない...」QuizKnock伊沢拓司&あさぬまが実際に行った対策は?

  • TOKYO FM
  • 更新日:2021/01/17
No image

QuizKnockのメンバーが受験生を応援するTOKYO FMの番組「SCHOOL OF LOCK! 天才LOCKS!」。1月13日(水)の放送では、伊沢拓司さんとライターで千葉大学3年のあさぬまさんが、受験を控えたリスナーから届いた相談にアドバイスをおくりました。

――15歳・女性リスナーの相談

【模試で第一志望校の合格可能性が、30%という厳しい結果が返ってきました。諦めるべきではない、もっと頑張らなくてはいけない、ということはわかっているのですが、頑張っても点数が伸びないんじゃないか、志望校を変えたほうがいいのではないかと思ってしまいます。落ち込んでいる状態で勉強するのは効率が悪いとわかっているのですが、すぐに立ち直ることができません。QuizKnockのみなさんは、どのように不安な思いを乗り越えてきましたか? 思い通りにいかないときに、意識していたことはありますか? モチベーションの上げ方のコツなどがありましたら、教えてほしいです】

伊沢:ということですが……直前期に模試の成績があまり出ないと、ちょっと気になるよね。

あさぬま:そうですね。ちょっと不安になりますよね。

伊沢:これで落ち込むというのは、受験生あるあるだと思いますが……受験生のころはどうでしたか?

あさぬま:結果や判定を見て、まずは落ち込むところまでしっかり落ち込みました。

伊沢:1回受け入れちゃうんだ。

あさぬま:そうですね。「全然足りてないじゃん……」というところまでしっかり落ち込んで、そこからできていないところをちゃんと見て「これは自分の伸びしろなんだな」と思うようにしていました。

伊沢:なるほど。ポジティブにとらえ直すんだね。結果といっても、あくまで模試だもんね。

あさぬま:そうですね。本番の結果とは必ずしもいっしょではない、と割り切っちゃっていいと思います。

伊沢:じゃあ、早めに反省を活かして勉強したんだね。

あさぬま:そうですね。「今、自分ができていないところは、本番で点数に変えられるところ」と思って、「次は間違えないぞ!」と勉強していました。

伊沢:なるほど。模試が危険信号を出してくれているんだもんね。俺も凹むことはいっぱいあったんだけど、感情にとらわれそうになったときにやっていたことがあって。

あさぬま:はい。

伊沢:超簡単な計算問題とか英語の単語とかを、時間制限を決めて急いでやるの。バーって3分とかで。そうすると「やべぇ、解かなきゃ! 解かなきゃ!」って焦った状態になるから、嫌な感情とかが頭の中から抜けるんだよね。そうやって、感情を追い出す作業をしていたかな。やっぱり、立ち上がったほうが得は得だからさ。そういうことを、身体で覚えちゃうのがいいかもしれないですね。

あさぬま:そうですね。

伊沢:ということで、本日の結論! 『立ち上がるほうがお得だよ! と、頭と身体で覚えてしまおう!』。

受験に関する相談や、受験を乗り越える鍵となる曲のリクエストは、「天才LOCKS!」特設サイト(https://www.tfm.co.jp/lock/2020/jyuken/)まで。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年1月21日(木)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:さかた校長、こもり教頭
放送日時:月~金曜 22:00~23:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加