マスクにファンデをつけない! “キラツヤ”肌メイク

マスクにファンデをつけない! “キラツヤ”肌メイク

  • CHANTO
  • 更新日:2020/09/15
No image

モデルや女優、ジュエリーデザイナーなど、幅広い分野で活躍している佐田真由美さん。YouTubeチャンネル「THE B APARTMENT」では、マスクをつけたままでも健康的な顔に見えるメイクをレクチャーしてくれました。

マスクをしても“キラツヤ”フェイスになれる!?

さまざまな分野で人気を集めるモデルやアーティストが、美容やライフスタイルにまつわる動画を公開している「THE B APARTMENT」。佐田さんは「さだまゆTV」というタイトルで、ファッションとビューティーを中心としたコンテンツを発信しています。

8月15日公開の動画では、佐田さんが研究したマスクをつける日のメイクを伝授。まずはベースメイクから作っていくのですが、マスクにファンデーションがつくのを避けるため下地だけできれいな肌を作っていきましょう。

佐田さんは3種類の下地を重ねて、肌を“キラツヤ”な状態に。その後スティック型のファンデーションで、目の周りやくすみが気になる部分をカバーしていきます。ただし目の下だけは、重ねすぎると老けて見えるので要注意。ムリに隠さず、「クマも愛嬌」と前向きに捉えるのが佐田さんなりの考え方です。

>>NEXT チークを瞼に乗せてワントーンメイクに!

統一感のあるメイクを目指す

チークはリキッドタイプの物を使い、米粒よりも少ない量で血色感のある頬に。アイシャドウ代わりとして瞼の上にも乗せることで、統一感のあるワントーンメイクを目指していきます。

続けてツヤ感をアップさせるハイライトと涙袋を作るアイシャドウを乗せたら、瞼の上にゴールドのアイシャドウとカーキのアイラインをプラス。マスクで隠れるリップは、しっかり塗らずぼかすように乗せてください。

最後にアイブロウで眉を整えたら、佐田さん流の「キラツヤメイク」が完成。動画を見た人からは、「下地で肌をきれいに見せる技、すごく参考になる!」「クマを隠さない勇気はぜひ見習いたい」といった声が上がっていました。

>>NEXT この秋注目しているコーディネイトを紹介!

斬新!白シャツに赤いセーターを斜めがけ

「さだまゆTV」ではほかにも、スタイリスト・白幡啓さんと共に2020年秋のトレンドをチェックする動画が。白幡さんがディレクターを務めるショップ「styling/」のプレス会場で、テーパードパンツを使った秋のコーディネートを作っています。

佐田さんが提案したコーディネートは、パンツに白シャツと真っ赤なセーターを合わせたシンプルなスタイル。セーターは両方の袖口をひとつに縛って、肩から斜めがけにするという斬新な着こなし方です。

佐田さんはこのコーデについて、「ただの白と黒のシンプルっていうよりも、ちょっとどっかに色がついてポイントがあるって良いと思いませんか?」と解説。白幡さんも「佐田さんっぽいです」とコメントしていました。

佐田さんの個性的なスタイルは、「これならちょっと真似できそう」「斬新だけど奇抜じゃないところがいいね」とファンにも好評のよう。常に新しいセンスを取り入れ続ける佐田さんのように、時代に合わせたおしゃれを楽しみたいですね。

関連記事:急増する「マスクニキビ」撃退法が意外なほど簡単

文/長谷部ひとみ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加