神奈川・三浦市が要望「県議会の特例選挙区に」 少ない人口...でも横須賀との合区なら「意思が届かない」

神奈川・三浦市が要望「県議会の特例選挙区に」 少ない人口...でも横須賀との合区なら「意思が届かない」

  • カナロコ by 神奈川新聞
  • 更新日:2021/11/26
No image

神奈川県議会の選挙区(定数105)を巡り、三浦市の吉田英男市長は25日、同市の選挙区(定数1)を特例選挙区とするよう求める要望書を県議会に提出した。市長は「合区になれば小規模自治体の意思が県政に届かなくなる」と危機感を募らせている。

公職選挙法の規定では、選挙区の人口が全県での議員1人当たりの人口の半数を下回った場合、隣接する選挙区と合区しなければならない。

6月に発表された国勢調査の速報値では、全県の議員1人当たりの人口は8万8003人で、三浦市は4万2098人。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加