コンサドーレ札幌、1-0勝利で鹿島に今季ダブル。駒井善成が前半に決勝点

コンサドーレ札幌、1-0勝利で鹿島に今季ダブル。駒井善成が前半に決勝点

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2020/10/18
No image

北海道コンサドーレ札幌

【北海道コンサドーレ札幌 1-0 鹿島アントラーズ J1第23節】

明治安田生命J1リーグ第23節の北海道コンサドーレ札幌対鹿島アントラーズ戦が18日に行われ、ホームの札幌が1-0で勝利を収めた。

札幌は水曜日の前節名古屋グランパスに完敗し、最近6試合で1勝と苦しい戦いが続く。一方の鹿島は2連敗のあと2連勝と再び調子を取り戻しつつあり、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場圏への浮上をうかがっていた。

先制点は前半41分、札幌に生まれる。エリア手前で一旦奪われたボールを相手のミスパスで奪い返し、宮澤裕樹の縦パスを受けた福森晃斗が左サイドからダイレクトでクロス。最後は駒井善成が右足で合わせて流し込んだ。

1点ビハインドで迎えた後半、反撃を試みる鹿島は85分にビッグチャンス。ファン・アラーノが左サイドの深い位置からクロスを入れ、札幌DFに当たってコースを変えながらもゴール方向へ向かったボールに上田綺世が合わせたが、決定的なシュートは惜しくも左ポストを叩いた。

そのまま鹿島にゴールが生まれることはなく、札幌が7試合ぶりの完封で勝利。第3節のアウェイゲームに続いて、鹿島に対して初めて年間2戦2勝を飾った。

【得点者】
41分 1-0 駒井善成(札幌)

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加