大分MF松本怜がC.R.O.に就任、九州リーグで現役続行の“二刀流”に

大分MF松本怜がC.R.O.に就任、九州リーグで現役続行の“二刀流”に

  • ゲキサカ
  • 更新日:2022/11/25

大分トリニータは25日、MF松本怜(34)の選手契約が満了になるとともに、新設されたクラブ・リレーションズ・オフィサー(C.R.O.)に就任すると発表した。

青森山田高、早稲田大出身の同選手は、2010年に横浜F・マリノスでプロデビュー。13年に大分に期限付き移籍すると、翌年より完全移籍で加入した。今季もJ2リーグで11試合に出場していた。

なお松本は選手としては今後、九州リーグのジェイリースFCで現役を続けていくことになるという。「大分トリニータの為、大分県の為に全力を尽くすことに変わりありません」とコメントした松本は、「未熟な部分もあるとは思いますが、トリニータファミリーの発展・拡大に尽力してまいりたいと思います」と“二刀流”への意気込みを語った。★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2022シーズンJリーグ特集ページ
●DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加