柏木由紀、今月末に脊髄空洞症の手術へ

柏木由紀、今月末に脊髄空洞症の手術へ

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/06/09

8日に国が難病指定する脊髄空洞症の手術治療のため、芸能活動を一時休養することを発表したAKB48の柏木由紀(29)が9日、インターネットテレビ局、ABEMAの報道番組「ABEMA Prime」(後9・0)に生出演し、今月末に手術を受けることを明かした。

現状について、「左手に少しだけしびれがあるのと、首がちょっと痛む。痛み止めを飲みながら現状、抑えられている状況ですね」と報告した。

休養に伴い、7月7、8日にパシフィコ横浜でのソロ公演や8月31日に予定していたWACK所属7グループとのコラボシングルの発売は延期したが、「周りやお医者さまから『仕事より自分の体の方が大事だよ』といわれたのでハッと気づいたというか。なるべく早く今月から手術治療しようと」と明かした。

No image

柏木由紀(C)AbemaTV,Inc.

柏木は3日のテレビ東京系「主治医が見つかる診療所SP」の精密検査で脊髄空洞症が判明。その後に2回検査をし、「割と早めに進行していることが分かった」と告白。10月末に予定していた手術を今月末に早めたという。

柏木は「初めての手術とか入院で、難病ということもあって、心配ではある」と不安も吐露しつつも、「自分の経験談だったり、後からこういうことがあったけど、こういう風に頑張ってきましたよってことをどこかで明るく話せるようにと思って頑張りたい」と前向きに話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加