「桃太郎電鉄 教育版Lite ~日本っておもしろい!~」が学校教育機関向けに提供開始

「桃太郎電鉄 教育版Lite ~日本っておもしろい!~」が学校教育機関向けに提供開始

  • こどもとIT
  • 更新日:2023/01/25
No image

「桃太郎電鉄 教育版Lite ~日本っておもしろい!~」

株式会社コナミデジタルエンタテインメントは、「桃太郎電鉄」を教材として無償で提供する、ブラウザ版「桃太郎電鉄 教育版Lite ~日本っておもしろい!~」(以下、桃太郎電鉄 教育版)を提供開始した。

同日に公式サイトを更新し、申し込みの窓口を開設した。導入は無料。また、本教材を通した学びをさらに深め、拡げるための副教材として、教材をベースにした白地図データのダウンロード提供も開始した。

「桃太郎電鉄 教育版」は、学校教育機関が導入できるよう、Webブラウザーやタブレットなどでの操作を可能としたデジタル教材。「日本全国を巡って物件を買い集め、資産額日本一を目指す」というゲーム性を活かし、授業を通して地理や経済などを学ぶ教材として制作された。

授業時間や内容に合わせて、「北海道」から「九州・沖縄」までの7地域、および「全国」の8つを選択してプレーできる。そして、止まった各地の名産品や主要産業、歴史に関する情報が表示され、興味関心に合わせて楽しみながら学べる。

学校の授業にあわせて先生または管理者が、プレー時間や対象地域を選択することもできる。また、「貧乏神」のような相手のプレーを妨害する要素を一部非搭載としている。

No image

対象地域を選択することも可能

No image

止まった各地の名産品や主要産業、歴史に関する情報も表示

2022年9月の東京ゲームショウ2022で制作発表されてから、全国の学校教育機関や、各地の自治体、教育関連企業などから、数多くの問合せがあったという。2022年末には「桃鉄 教育祭り!」と題して、教職員の方々を対象とするセミナーを実施している。

No image

「桃鉄 教育祭り!」の様子

No image

「桃鉄 教育祭り!」での「桃鉄 教育祭り!」のタッチ&トライ

【「桃太郎電鉄 教育版Lite ~日本っておもしろい!~」概要】

対応プラットフォーム:Windows PC、Chromebook、iPad

対応インターフェース:キーボード、タッチパネル

プレー人数:1~4人

オンラインプレー:非対応

高橋正和

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加