収賄の県職員の男 担当以外の情報も漏らしたか (福島)

収賄の県職員の男 担当以外の情報も漏らしたか (福島)

  • KFB福島放送
  • 更新日:2023/01/25
No image

公共工事の情報を教え、接待を受けていたとされる県職員の男は、担当以外の情報も漏らしていたとみられることが新たにわかりました。

県中農林事務所の寺木領容疑者(44)は、2020年3月から約2年の間に、当時勤務していた県会津農林事務所が発注する工事の情報を、会津坂下町の土木建築会社に漏らし、約26万円相当の接待を受けた疑いで25日送検されました。

また、寺木容疑者を接待した疑いで、会社社長の上野清範容疑者(45)らも送検されました。

会津農林事務所などによりますと、寺木容疑者が勤務していた時期に発注した工事で、上野容疑者の会社が落札した工事は7件で、このうち6件は寺木容疑者の担当ではありませんでした。

工事に関する情報が書かれた書類は、別の部署のロッカーで鍵をかけて保管されているということです。

警察は、寺木容疑者が何らかの方法で情報を得たとみて、入手方法などを調べています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加