「ド真芯」完璧弾のソフトバンク柳田 楽天戦で桁違い、驚異のアーチ量産

「ド真芯」完璧弾のソフトバンク柳田 楽天戦で桁違い、驚異のアーチ量産

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2020/10/18
No image

◆ソフトバンク5-0楽天(17日、ペイペイドーム)

柳田の鋭い打球音がペイペイドームに響くと、すぐさまどよめきと大きな拍手が巻き起こった。初回2死。石橋が1ボール1ストライクから投じた3球目、内角の147キロ直球を完璧に捉えた。「久しぶりにバットのド真芯で打つことができた。こんな感じなんやなと、思い出した」。打った瞬間に誰もスタンドインを疑わない打球は、右中間スタンドの中段で弾んだ。速攻で流れを引き寄せた。

■9戦ぶり一発

今月9日に誕生日を迎えた主砲にとっては、32歳になって初のアーチとなる27号先制ソロが、そのまま決勝弾にもなった。リーグ1位の浅村に4本差に迫る、7日の西武戦以来となる9戦ぶりの一撃は自身も納得の一振りだった様子。お立ち台で感想を問われると「最高で~す」と、声を張り上げて喜びを爆発させた。

今季は楽天戦で抜群の相性を誇る。この日の一発を含め11本目。その他の4球団は全て4本ずつで、ずぬけた数字をマークしている。チームは既に今季の楽天戦勝ち越しを決めているが、上位を相手に優位にシーズンを進められたのは主砲のバットがあってこそだ。

10月は本塁打こそ3本目だが、打率は優に3割オーバー。それでも今月のここまでを振り返り「普通です。そんな悪くもなくという感じ」とさらりと言う。蓄積した疲労はあるが「気持ちです。もう気持ち。しんどいのはみんな一緒。気持ちだけ」と言い切った。

3番に座る自らの本塁打が呼び水となり、4番グラシアルは一発で貴重な追加点を挙げ、5番栗原も3点二塁打で試合を決めるなど中軸が躍動した。歓喜の晩秋へチームは7連勝。残り17試合。勢いが増す一方のチーム状態にも手応えもある。「みんなが素晴らしいプレーをするのでこういう結果になっている」。3年ぶりのVへこのまま突っ走る。 (山田孝人)

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加