五郎を気になる梅.../「エール」第69話あらすじ

五郎を気になる梅.../「エール」第69話あらすじ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/09/16
No image

「エール」会見で笑顔を見せる窪田正孝と二階堂ふみ(19年6月3日撮影)

NHK連続テレビ小説「エール」(月~土曜午前8時)が9月14日から、約2カ月半ぶりに再開しました。今週は、茨城なまりの青年が裕一(窪田正孝)に弟子入りを志願します。次回のあらすじを紹介します。

なかなか曲が書けないうえに、梅(森七菜)につい正論を言って怒らせてしまって落ち込んだ五郎(岡部大)は、鉄男(中村蒼)のおでん屋で飲みすぎて酔いつぶれてしまい裕一(窪田正孝)に連れて帰らされる。そんな五郎のことが、梅は気になって仕方がない。相談した久志(山崎育三郎)から、その気持ちは「恋だよ」と言われ、「心を裸にして、ぶつかるしかない」とアドバイスされた梅だったが…。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加