成田凌、三木聡監督からの“静の天才”と賛辞も...思わず「ドキッとしました」

成田凌、三木聡監督からの“静の天才”と賛辞も...思わず「ドキッとしました」

  • ENCOUNT
  • 更新日:2022/08/06
No image

イベントに登場した成田凌【写真:ENCOUNT編集部】

主演映画「コンビニエンス・ストーリー」公開記念舞台あいさつに登壇

俳優の成田凌が6日、都内で行われた、主演を務めた映画「コンビニエンス・ストーリー」公開記念舞台あいさつに登壇した。前田敦子、三木聡監督も出席し、撮影を振り返った。

スランプ中の若手脚本家・加藤(成田)が、ひょんなことから欲しいものがなんでも見つかるコンビニエンス・ストアに迷い込み、妖艶な人妻・惠子(前田)と出会い、現世から切り離された異世界にはまり込むさまを描く。

俳優デビュー前から三木組を懇願していたという成田は、「幸せでした。毎日過酷でしたけど幸せな日々でした。全員が三木さんに敬意を持って三木さんについていくというのが漂っていました」と撮影を思い返した。

実際に三木監督の演出を経験した成田は「脚本をいただいて1ページ目から三木聡が書く作品だと思いました。ずっとお仕事したかった方なので、この中に自分が入るんだなと単純に沸き上がっていました。現場入っても美術、照明カメラワーク三木聡ワールドでしたね」と感慨深そうに語った。

そんな成田について三木監督が「“静の天才”」と言うと、成田は「ドキッとしました」と別の漢字を思い浮かべたことを伝え、笑いを誘った。

最後に成田は「あらためて三木聡監督が大好きだなと思ったし、映画が好きで良かった。子供の頃の自分に自慢したい。最高のエンターテインメント作品になっています」とアピールした。

ENCOUNT編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加