【全文】“音源料未払い騒動”HOOKエンタ、イ・スンギに謝罪も...「精算していないわけではない」

【全文】“音源料未払い騒動”HOOKエンタ、イ・スンギに謝罪も...「精算していないわけではない」

  • WoW!Korea
  • 更新日:2022/11/25
No image

【全文】“音源料未払い騒動”HOOKエンタ、イ・スンギに謝罪も…「精算していないわけではない」(画像提供:wowkorea)

韓国俳優兼歌手イ・スンギの前所属事務所HOOKエンターテインメント側が25日、騒動に関する立場を明かした。

イ・スンギは最近、HOOKエンターテインメントに音源料未払いに関する公開を求める内容証明を発送していた。

以下、HOOKエンターテインメントの立場全文。

こんにちは。HOOKエンターテインメントです。

まず、連日続いているニュースとイ・スンギ氏との問題により、かんばしくない姿をお見せしている点に対し、多くの方に申し訳なく思っております。

特に、この件でつらい時間を過ごしているイ・スンギ氏に謝罪致します。

また、クォン・ジニョン代表の誤った言行により傷つかれた方々にも、深く謝罪致します。

これを前にHOOKエンターテインメントの報道資料でも言及した通り、イ・スンギ氏の法律代理人から受け取った内容証明に関して、正確な資料を確保し整理する過程で、正確に確認されていない事柄がメディアを通して報じられていることを遺憾に思います。

HOOKエンターテインメントとイ・スンギ氏は2021年に専属契約を終了し、その後、再び契約を締結した際、これまでの精算内訳などを双方確認し、金銭的な債権債務関係を整理しましたし、こうした事実を確認する内容の合意書を作成しました。

それでもイ・スンギ氏が問題提起したことにより、HOOKエンターテインメントは専門家たちと共にこれまでHOOKエンターテインメントがイ・スンギ氏に支給した相当額の収益精算内訳を改めて綿密に確認しているところです。

合わせて、最近、あるメディアを通して発表されたイ・スンギ氏と事務所間の契約内容(収益分配比率等)及びHOOKエンターテインメントがイ・スンギ氏に1度も音源精算をしていないとの内容は事実と異なることをお伝えします。

私たちは現在、明確に整理しており、誤った業務処理があるのならば、それを正し責任をとる予定です。信頼をもとに所属芸能人との関係を維持すべき芸能人マネジメント会社として、かんばしくない姿をお見せしたことに、改めて申し訳ない気持ちです。

そして、イ・ソニ氏の場合、HOOKエンターテインメントの始まりから共にしたアーティストであるため、待遇次元で名目上理事として登載されていましたが、HOOKエンターテインメントは2006年から2021年までクォン・ジニョン代表が株式の100%を所有する個人事務所であったし、イ・ソニ氏は会社の経営や収益分配問題などに関与していません。

HOOKエンターテインメントはこれに関連した憶測で所属芸能人の名誉を傷つける行為に対し黙認せず、法律代理人を通して強く法的対応する予定であることをお知らせします。

ありがとうございます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加