河本結「100球に1球...」気合イーグルで予選通過

河本結「100球に1球...」気合イーグルで予選通過

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/20
No image

大王製紙エリエールレディース2日目 1番、ティーショットを放つ河本結(撮影・清水貴仁)

<国内女子ゴルフツアー:大王製紙エリエールレディース>◇第2日◇20日◇愛媛・エリエールGC松山(6545ヤード、パー71)◇賞金総額1億円(優勝1800万円)◇無観客開催

黄金世代の河本結(22=リコー)が、気合のイーグルで予選通過を果たした。

第1日に3オーバー、61位と出遅れた河本は、17番パー5まで2バーディー、2ボギーのイーブンで回る苦しい展開。しかし、17番で池越えの第2打を2オン。ピン右3メートルにつけ、イーグル。1オーバーとして予選通過ラインを超えた。「めちゃくちゃ大きな1打でした。キャディーさんに聞いてハイリスクと言われたけど、ハイリスクならハイリターンが来るなと思って打ちました。100球に1球ぐらいの球だったと思います」と興奮気味に話していた。

今季から米ツアーに参戦したが、なかなか結果が出ず、精神的に落ち込むこともあった。この日は、米ツアー挑戦の経験がある有村智恵とラウンド。「待ち時間に話を聞いたりして、自分の心を満たしてくれたというか、自分だけが苦しんでいると思っていたので、すごく楽になりました」と大きな収穫もあった。

17番の第2打は、単なる予選通過以上に、今後につながる手応えを感じたという。「まだリコーも全米女子オープンも残っていますので、今週の決勝ラウンドというより、もっともっと先につながる(後半の)ハーフだったと思います」。生まれ育った地元愛媛で、復調の気配をつかんだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加