ナイスアイデア!SNSで好評の「逆小籠包」がアツアツ&染みじゅわ~でうまい!

ナイスアイデア!SNSで好評の「逆小籠包」がアツアツ&染みじゅわ~でうまい!

  • 東京バーゲンマニア
  • 更新日:2023/01/25
No image

SNS上で「逆小籠包」と呼ばれる、肉まんを使ったレシピを知っていますか?

「小籠包」といえば、皮の中からスープが"ジュワッ"と溢れ出すのが特徴ですが、自宅でイチから作るとなると難しいですよね。

「逆小籠包」は、スープを閉じ込めるのではなく、スープの中に、コンビニやスーパーなどでも手に入る「肉まん」を入れるというちょっと変わったレシピです。正直「小籠包」とは違った料理ではありますが、発想自体は面白いですよね。

1月25日が「中華まんの日」ということもあり、SNS上で見つけたレシピを参考に「逆小籠包」作りにチャレンジしてみました。

スープがじゅわっと溢れ出す

今回用意した材料は以下の通り。調理工程はとっても簡単です。

・鶏ガラスープの素 小1
・醤油 小2分の1
・水 250cc
・塩こしょう適量
・肉まん 1個
・青ネギ、白ごま(トッピング用)

No image

1. 鍋に、水、鶏ガラスープ、醤油、塩こしょうを入れ、ひと煮立ちさせます。

No image

2. 温めた肉まんを入れた器に、1のスープを注ぎます。最後に青ねぎゴマなどを散らしたら完成です。

No image
No image

インパクトのある見た目で、なかなか美味しそうです。

熱々のうちに食べてみます。

中華スープと肉まんの組み合わせは間違いのない美味しさ! 皮にスープが染み込み、食べるとスープがじゅわっと溢れます。

肉まんの中具とも相まって、食べ応えも満点。スープに仕上げることで、食事の一品にもなりそうです。

No image
No image

気になるところとしては、肉まんの皮がスープをぐんぐん吸収してしまうため、短時間で皮がべちゃべちゃになってしまいます。好みによりますが、個人的には早めに食べきった方が、美味しく食べられると思いました。

簡単かつ冬は温まるので、試して損はないアレンジです。

SNS上でも「なかなかうまい」「おいしい」「逆小籠包ウマー」といった声が見られます。肉まんはこんがりと焼いたものを入れたりしてもOKです。

簡単にできるので、気になる人は試してみて!

(東京バーゲンマニア編集部)

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加