校内水田で稲刈り 横浜市立竹山小5年児童〈横浜市緑区〉

校内水田で稲刈り 横浜市立竹山小5年児童〈横浜市緑区〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2021/10/14

横浜市立竹山小学校(大原敦子校長)で6日、校内水田の稲刈りが行われた。

同校では、2013年度から総合学習の中で実施されており、以前は花壇だったところを校内水田として活用している。授業には鴨居原市民の森愛護会のメンバーが教育ボランティアとして参加し、田植えや稲刈りなどを指導しているという。

同校では毎年5年生児童(今年度38人)が稲刈りを経験。稲刈り当日は、7月に作成したという8体のかかしが見守る中、作業を開始した。鳥除けのために設置したネットを外し、稲の束を掴み、地面から3〜5cmの所を鎌で刈っていった。刈った稲の束はひもで結び、自然乾燥をさせるための稲架掛(はさが)けを行った。

稲刈りを体験した土橋建太くんと花島未歩さんは「難しかったけど、病気にならないで成長してくれた。ありがとうという気持ち」「大変かなと思っていたけど楽しかった」と話した。

また、11月上旬には脱穀作業を予定しているという。

No image

鎌で稲を刈る児童

No image

刈った稲を見せる児童

タウンニュース緑区版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加