志尊淳「バブル」は「映画館で堪能して」、梶裕貴は大好きな宮野真守になりたい

志尊淳「バブル」は「映画館で堪能して」、梶裕貴は大好きな宮野真守になりたい

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2022/05/13

バブル」の初日舞台挨拶が本日5月13日に東京・丸の内ピカデリーで行われ、キャストの志尊淳広瀬アリス梶裕貴畠中祐千本木彩花逢坂良太、監督の荒木哲郎が登壇した。

No image

「バブル」初日舞台挨拶の様子。

すべての画像・動画を見る(全14件)

No image

本作は、世界に降り注いだ泡(バブル)によって重力が壊れた東京を舞台とするラブストーリー。スクリーンには構想のきっかけになったという1枚の絵が映し出され、荒木は「レンタルビデオ屋さんでいろんなものを目にしながら頭を散らかして、ふと『“人魚”ならいけるかも』と思い、この絵を描きました。ラブストーリーの題材として“人魚姫”からインスピレーションを受けて、それから力を束ねて長尺な映画になり、ついに大勢の人に観ていただける日が来た。うれしいですね」と明かす。

No image

Netflixでも配信されている本作だが、志尊は「映画館で観るとアクションの躍動感が違います。それに奥行きを感じられると思うんです。細部にまでこだわっているので、ぜひ映画館で堪能してほしいですね」と話す。広瀬も「初めてこの作品を劇場で観たとき、『劇場で体感していただきたい』と思ったんです。パルクールのシーンは迫力がありますし、アトラクションに乗ったかのようなドキドキとワクワクがあります。最初から最後まで気持ちが高揚するので、ぜひ映画館で体感してほしいです!」と続けた。

No image

イベントでは「人魚姫」をベースにした本作にちなみ、志尊らが「自分以外に姿を変えられるとしたら?」とのお題に答える一幕が。志尊は「実力派声優になりたい。今回慣れないことに挑戦させていただいて、楽しかったんですが余裕がなかったんです。ノウハウも何もなかったので、声優の皆さんの能力を1日でもいいから貸してほしかったな(笑)」と述べる。一方で「イケメン」と答えた広瀬は「キャーキャー言われたい! 志尊さんのようにランウェイを歩いてキャーって」と妄想を膨らませる。その言葉に志尊は「いやいや(笑)。でも、すっごい気持ちいいですよ! あの歓声のために仕事がんばってる(笑)」とはにかんで見せた。

No image

梶は本作でも共演した宮野真守になりたいと明かす。「実力派声優でありイケメン。そしてお芝居ができて、歌って踊れて、宮野真守になれないからこそなってみたいなという思いがあります」と頬をゆるませる。MCから「事前に宮野さんにも同じ質問をしておりまして、『梶裕貴になりたいです』『かわいいかわいい梶きゅんになりたい』と答えていただいております」と伝えられると、梶は「これはアメを多くくれる日の宮野真守ですね。日によってムチのときもあって、すごく辛辣な目で僕をにらみつけてくることも(笑)。何を言ってもスベらせてくるんです! でも、大好きです!」と相思相愛ぶりをのぞかせた。

No image

またヒロイン・ウタの声優を務め、エンディングテーマ「じゃあね、またね。」を歌うりりあ。のコメント映像が上映された。りりあ。は「純粋でまっすぐなウタを皆さんも愛してくださるとうれしいです。『じゃあね、またね。』はウタとヒビキが現実にいたら?と想像して書き下ろしました。歌詞にも注目していただきながら、エンドロールの最後まで楽しんでいただけたらと思います」とメッセージを送った。

「バブル」は全国で公開中。

(c)2022「バブル」製作委員会

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加