琴奨菊が休場 2日目に左足引きずり...18年名古屋場所以来7度目

琴奨菊が休場 2日目に左足引きずり...18年名古屋場所以来7度目

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/09/15
No image

琴奨菊

「大相撲秋場所・3日目」(15日、両国国技館)

西前頭11枚目の元大関琴奨菊(36)=佐渡ケ嶽=が3日目の15日、日本相撲協会に休場を届け出た。2日目の明生(立浪)戦で左足を浮かせて土俵を割り、花道も左足を引きずるように引き上げていた。2日目まで1勝1敗だった。

休場は18年名古屋場所以来7度目。17年春場所で大関を陥落後、21場所幕内を維持する。3日目、対戦予定だった千代大龍(九重)は不戦勝となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加