シトロエン C3エアクロスSUV 改良新型、コンパクト市場で競う...価格は293万5000円から

シトロエン C3エアクロスSUV 改良新型、コンパクト市場で競う...価格は293万5000円から

  • レスポンス
  • 更新日:2021/11/25
No image

シトロエン C3エアクロスSUV 改良新型

もっと画像を見る

グループPSAジャパンは11月25日に、コンパクトSUVのシトロエン『C3エアクロスSUV』の各種装備を充実させ、新世代ブランドフェイスへとモデルチェンジ、全国のシトロエン販売店から発売した。

C3エアクロスSUVは、2017年末の導入以来、およそ33万台が生産され、競争の激しいBセグメントのコンパクトSUVで存在感を示してきた。グループPSAによると、魅力的なデザイン、クラスを超えた空間と、リアシートのスライドなどのモジュール性による、ユーティリティの高さなどが好評だという。

グループPSAジャパンによると日本市場においてもそれは同様で、とりわけ街中で取り扱いやすいサイズ感と個性的なデザイン、そして乗り心地が評価され、日本でも販売台数の伸長が著しいBセグメントコンパクトSUVマーケットで、好調を維持しているという。

改良新型は「その勢いにさらに加速をつけるべく」日本市場に投入される。主な改良点は以下の通り。
●より個性的でSUVらしい、新しいフロントフェイス、LEDヘッドライトとディテール
●C5エアクロスSUV、NEW C3に続くアドバンストコンフォートシートの採用
●シートファブリックを貼り込んだ温かみのあるインテリアと収納スペースの強化
●あたらしいエクステリアカラーとカラーパック
●グレードはSHINEに統一、グリップコントロールなどを含むパッケージオプションを設定

No image

改良新型C3エアクロスSUVは、フロントフェイスのデザインを一新し、より主張の強い、タフネスを訴求する、SUVらしいデザインを意図した。パリモーターショー2016に展示されたコンセプトカー『CXPERIENCE』が先駆けとなり、2021年1月に日本で発売された『C3』新型で初めて導入された新デザインコードだ。

インテリアの心地よさと実用性の高さはモダンシトロエンの重要なテーマであり、改良新型C3エアクロスSUVでも一歩前進しているという。「シトロエン・アドバンスト・コンフォート・プログラム」により、移動の喜びにユーザーが自宅にいるような快適さをプラスした空間を提供するという。

No image

そのハイライトがクラス最高レベルの乗り心地、座り心地を実現する「アドバンストコンフォートシート」だ。シート生地裏に特別なフォームを配することで、身体とシートの”当たり”感を改善した。『C5エアクロスSUV』で初めて導入され、続いてC3に搭載されて好評を得ている。生地裏のフォームのボリュームを従来の2mmから15mmへとアップしたことで柔らかさを実現し、疲労につながる車体の微震動をシートが吸収しする。クラスを超えたゆったりとしたサイズと身体保持能力により、快適な運転姿勢が確保できるという。

リラックス感のあるデザイン性と実用性の高さで定評のあるインテリアもアップデートされた。ハイライトのひとつは、インストルメントパネルにシート生地と同じ杢グレー(霜降りグレー)のファブリックを貼り込み、シートと統一された温かみあるインテリアを構成したこと。

エクステリアカラーは新色の、グリーンがかったシックな「カーキグレー」、彩度の高い「ボルタイックブルー」と「ルージュペッパー」をラインアップした。従来からの「グリプラチナム」と「ブランバンキーズ」と合わせて
全5色展開となる。

グレード構成は「SHINE」に統一され、グリップコントロールなどを含むパッケージオプションを設定した。ボディは5ドアハッチバックSUV、エンジンは1.2L直列3気筒ターボ(96kW=130ps/5500rpm、230Nm/1750rpm)、トランスミッションは6速オートマチック。

消費税込み価格はSHINEが293万5000円、同パッケージが318万円。

高木啓

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加