大会関係者 新たに12人が陽性 4人が選手村に滞在

大会関係者 新たに12人が陽性 4人が選手村に滞在

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/07/22
No image

動画を見る(元記事へ)

東京オリンピック・パラリンピックの組織委員会は、選手2人を含む大会関係者12人の陽性が新たに確認されたと発表しました。

組織委員会によりますと、新たに感染が確認されたのは12人で、このうち4人が海外から入国して選手村に滞在していて、2人は選手だということです。

国籍やどの競技の選手なのかは明らかにしていません。

21日までにチェコのビーチバレーボールの選手とコーチの2人が感染し、12人が濃厚接触者と判定されていましたが、22日の発表で濃厚接触者は11人と訂正されました。

また、21日に感染が確認されたチリのテコンドー選手について、濃厚接触者が1人いることも明らかにされました。

これで組織委員会が発表した大会関係者の陽性者は91人となりました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加