【高校野球】早実が7回コールドでベスト8進出 清宮福太郎は5回に犠飛で貴重な追加点

【高校野球】早実が7回コールドでベスト8進出 清宮福太郎は5回に犠飛で貴重な追加点

  • フルカウント
  • 更新日:2020/08/01
No image

「4番・左翼」で先発出場した早実・清宮福太郎【写真:佐藤佑輔】

清宮福太郎はこの日2打数無安打1打点だった

高校野球の西東京大会は1日、ネッツ多摩昭島スタジアムで4回戦が行われ、早実が7-0の7回コールドで明大中野八王子を下し、準々決勝進出を果たした。日本ハム清宮幸太郎内野手の弟で2年生の清宮福太郎外野手はこの日「4番・左翼」で先発出場。2打数無安打1打点だった。

清宮は2回先頭で迎えた第1打席はフルカウントから外角低めのスライダーに空振り三振、4回の第2打席では右飛に倒れた。1死一、二塁で迎えた5回の第3打席では、初球で一走、二走が重盗を敢行。1死二、三塁となると、チーム5得点目となる右犠飛を放った。

早実は6回には6番・中原由信がソロを放つなど、さらに2点を追加。明大中野八王子を突き放した。序盤は明大中野八王子の好投手・江口陽太に苦戦しつつも、中盤以降効率よく得点を重ねた早実。次の準々決勝ではどんな戦いを見せるのか注目だ。(佐藤佑輔 / Yusuke Sato)

佐藤佑輔 / Yusuke Sato

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加