親子で楽しく謎解き ゲームで学ぶ山陰初の体験型防災アトラクション(鳥取・米子市)

親子で楽しく謎解き ゲームで学ぶ山陰初の体験型防災アトラクション(鳥取・米子市)

  • TSKさんいん中央テレビニュース
  • 更新日:2022/09/23
No image

山陰中央テレビ

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

米子市では、山陰初となる防災をテーマにした謎解きゲームを開催!親子で楽しく学ぶ防災とは?

会場アナウンス:「太平洋上に超大型台風が発生しました」

「体感型防災アトラクション」楽しみながら防災について学んでもらおうと大阪のイベント会社が企画、山陰では初めて開催されました。体験するのは謎解きゲーム、どんな問題かというと。

安部記者:「第一ミッションでは、災害時に必要なアイテムを会場にあるヒントをもとに探します」

秋に大きな被害をもたらす台風、謎解きはこの台風の災害が迫っている想定で進行、避難に関するクイズなどをチームで解いて、安全確保を目指します。

安部記者:「こちらは新聞紙でスリッパを作るミッションです」

新聞紙で簡単にスリッパが!ゲームを進めるとこうした知識を身につけることができます。

安部記者:「避難所ですぐ作ることができそうですね」

体感型防災アトラクション企画会社・松田哲社長:「(冬の避難では)体育館の床が敵だった冷たくてスリッパなんて人数分用意はない何でも良いから応用できることを覚えておいて欲しい」

複数のミッションを制限時間25分以内に達成すると「脱出成功」。実際の災害さながらの緊迫感で、ちょっぴり涙ぐむ子も。

泣く子ども:「怖かったけど頑張った」

参加した子ども:「ドキドキしたけど謎解きと一緒に楽しめて良かった」

参加した親:「子どもたちが真剣に取り組んでくれているので実際に考えたりもできて良かった」

謎解きゲームを通じて防災のポイントを楽しく理解できたようです。

体感型防災アトラクション企画会社・松田哲社長:「(災害への)準備をする油断をしない、確認をするそうした姿勢に切り替える機会になって欲しい」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加