“熱中症アラート”は失敗?小泉大臣「効果出せず」

“熱中症アラート”は失敗?小泉大臣「効果出せず」

  • テレ朝news
  • 更新日:2020/09/15
No image

動画を見る(元記事へ)

「熱中症警戒アラートは十分な効果を出せなかった」と小泉大臣が語りました。

小泉環境大臣:「(亡くなった)9割の方が高齢者、9割の方が室内、9割の方がエアコンをつけていない。こういったことを来年は起こすことなく…」
今年、試験的に導入された熱中症警戒アラートですが、この夏も高齢者を中心に多くの人が熱中症で亡くなりました。小泉環境大臣は警戒アラートの周知が十分ではなかったなどとしています。環境省は今年、LINEで登録をした6万2000人にも警戒を呼び掛けましたが、登録者の約7割が40代以下でした。高齢者にどうやって危険を伝えるかに問題が残っています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加