純烈「スタジアムで歌う日が」、「フロ(風呂)」のご縁、J1川崎開幕戦で始球式

純烈「スタジアムで歌う日が」、「フロ(風呂)」のご縁、J1川崎開幕戦で始球式

  • スポーツ報知
  • 更新日:2022/01/15
No image

4人組歌謡コーラスグループ・純烈が15日、川崎市内で行われたJ1・川崎フロンターレの新体制発表会見に出席した。

チーム創立26周年を記念した「026(おふろ)サポーター」に就任。「NEW(入浴)YORK」と、「プロポーズ」の特別バージョン「フロポーズ」を熱唱し、800人を盛り上げた。

2月18日のJリーグ開幕戦、川崎―FC東京で始球式を務めることが決定。当日はハーフタイムショーも行う。リーダーの酒井一圭は「スーパー銭湯で歌ってきて、2万5000人のスタジアムで歌う日が来るとは思っていませんでした。フロンターレの26周年を一緒に盛り上げていきます。サポーターの皆さん、純烈ファンのマダムがスタジアムに行ったら、優しくしてあげてください」と話した。

川崎は、チーム名に「フロ(風呂)」と付くことから「いっしょにおフロんたーれ」という、銭湯の利用促進キャンペーンを実施中。優勝時には特製風呂おけを掲げるなど、日頃から「風呂」にちなんだイベントを行っていることから“スーパー銭湯アイドル”の純烈にオファーしたという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加