名優・小日向文世、66歳で「役者に向いてない」と明かし騒然 「今さらすぎて...」

名優・小日向文世、66歳で「役者に向いてない」と明かし騒然 「今さらすぎて...」

  • しらべぇ
  • 更新日:2020/10/16
No image

15日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に俳優・小日向文世が登場。66歳にして「役者に向いていない」と気づいたと明かし、ファンを騒然とさせている。

◼名優・小日向文世

俳優・妻夫木聡と吉高由里子がゲスト出演したこの日の放送。新企画「共演者の素顔」では、この2人と『日曜劇場 危険なビーナス』(TBS系)で共演中の小日向の知られざる一面に迫っていく。

優しい老人から悪人役まで幅広い芝居を披露、66歳の円熟した芝居で多くのファンを魅了している小日向。妻夫木は「とにかくずっと喋っている」、吉高は「いつもニコニコしていて、人のプライベートをズカズカ聞いてくる」と小日向の印象を吐露する。

関連記事:設楽統、東出昌大の噂話に「大丈夫、これ…?」 その一言に視聴者は大絶賛

■カメラマンへの憧れ

若いころから写真家を夢見ていた小日向は、「ムービーじゃなくて写真を撮りたい」とカメラマンとしての素顔を披露。番組が用意した、カメラマン憧れのカメラ・ハッセルブラッドを手にし大喜び、女優・坂井真紀をモデルにした写真撮影に挑む。

フランスの女性写真家であるサラ・ムーン風の写真を撮りたいと意気込んだ小日向だが、撮影中に衝撃の事実に気がつくことになる。

■撮影中の気づき

参考にしたサラ・ムーンの写真に合わせて、メイクや構図にもこだわる小日向の姿に、坂井は「現場でもこんな真剣な顔見せたことない」と苦笑する。

撮影がはじまると「全然楽しいんだけど」と満面の笑みを浮かべる小日向に、坂井も思わず「楽しそうですね?」と質問。小日向は「楽しい! ものすごいリラックスして楽しめる」と返したあと、「やっぱりあれだな、役者向いてないな」とこぼし、坂井らを驚かせた。

■ファンも驚き

当然リップサービスの部分もあるはずだが、改めて写真撮影に向き合った小日向のなかには「カメラマンへの憧れ」が大きく芽生えてしまったのだろう。

視聴者・ファンは「小日向文世さんあれだけ色々な役してて役者に向いてないとか今更すぎて草生える」「小日向さんおちゃめでかわいくてすき」とそんな小日向を驚きつつ、大いに楽しんでいた。

ファンにとっては残念だろうが、数多くの作品に出演しファンを魅了してきた小日向の第2の人生が始まったのかもしれない。

・合わせて読みたい→大竹しのぶ、巨大すぎる髪型に反響 「なんなんだあ」とセルフツッコミ

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加